Deonte Thompson=WR Buffalo Bills

Deonte Thompsonは、6-0, 204, 40yds走4.31。BCS制覇時のFlorida大出身。UFAでBaltimoreと契約したのがcareerの始まりというNFL 6年目のwideoutです。



Ronald Darbyとのトレードで加入したJordan Matthewsが親指を怪我(最終的には踵と膝の怪我でIR入り)したため、10月になってから加入しました。今季当初はChicagoにいましたが、途中解雇されていたようです。

Chicagoではキックオフリターナー専門だったようですが、今季のWR陣の中ではレシービングヤードトップ(27回430yds1TD)で、縦に抜けるスピードがウリ。現有戦力の中で唯一のディープスレットで、昨年まで在籍していた時のMarquise Goodwin(今年はSFで56回962ydsとかなりブレイク)よりも使い勝手が良い印象です。加入してすぐのTampa Bay戦で4回107ydsと活躍し、雪のIndy戦で勝利に直結するロングキャッチを見せるなど、集中力もあります。

ドラ2のZay Jonesがパッとせず、Andre Holmesがクビの怪我でIR入りしてしまった現在、同じく途中加入のKelvin Benjaminと並んでWRを支えていますが、持っているのはThompsonのほう。プレイオフでも大仕事をやってくれることを期待します。

[PR]
by bufbills | 2018-01-04 21:04 | Widereciever/TE | Comments(0)
<< Tre'Davious... Dalton to Boyd ... >>