Dalton to Boyd means our drought is over.

4th and 12の絶体絶命の状況でCincinnatiがやってくれました。

1999年シーズン、Music City Miracle以来のプレイオフです。

チーム力がプレイオフに相応しいかどうかは別として、喜びたいと思います。






すべては18年前のGameに始まるのですが、この頃はまだBruce SmithやThurman Thomas、Andre Reedがいました。この敗戦からチームはIdentityを失い、迷走を続けることになります。

Cincy@Balは、Tyler Boydがゾーンカバレッジの切れ目に入った瞬間にAndy Daltonから放たれたボールが飛んでくるのが分かります。左サイドにいる「A.J. Greenでとりあえずファーストダウンの更新を狙ってくるだろう」と誰もが思いこんでいたsituationで、ディフェンスの裏を突く美しいパスでした。

[PR]
by bufbills | 2018-01-01 10:16 | Bills
<< Deonte Thompson... さよならWatkins and... >>