2015 Week13 Houston@Buffalo Preview

シーズンを決めるゲームがやって参りました。



OUT確定はKarlos Williams、John Miller、Nigel Bradhamあたりのようです。Seantrel Hendersonはdoubtfulですがたぶん出ないだろうとのことで、Jordan Millsが先発へ。Cyrus Kouandjioが出て来ない真偽は不明ですが、一説では膝の状態が思わしくないのではないかと言われています(びるずだいなすてぃさんのドラフト時の記事、膝の関節炎の記事)。足首を捻挫したNigel Bradhamの代わりはドラ6のTony Stewardになるようです。Aaron Williamsは制度的には戻ってこれるハズですが、体調がまだのようです。

出れそうなほうは、Mario Williamsはoutではありませんが、プレイングタイムが制限されるだろうとのこと。Marcus Easleyは脳震盪から復帰予定。Cordy Glennは背中に不安があり、Bacarri Ramboも肩の怪我があるとのこと。

今週のtransactionでは、Alex Carringtonが一昨年とは反対側、右の大腿四頭筋の腱断裂でIR入り。Kyle Williamsも正式にIR入りが決定。A.J. Tarpleyをいったん解雇してPSへ移動させ、ロスター枠を3つ開けています。そこで新たに3人のディフェンダーと契約しました。DE Lavar Edwards(DallasのPSから、モトモトはTennesseeの2013のドラ5)、DT T.J. Barnes(NYJのPSから)、LB Kevin Reddick(先週解雇されるまでBuffaloのPSにいた2013年のUDFA)、という面々で、いなくなったメンバーをそのまま埋めることになりますが、Barnesは364ポンドの置き石型のようで、Kyle Williamsの代わりというよりはMarcell Dareusのバックアップという意味だと思います。

Texansは、DE J.J. Watt、WR DeAndre Hopkins、CB Johnathan Joseph、などの主要メンバーが軒並みヘルシーで元気いっぱいだとか。苦戦しそうですね。チームは4連勝中で、勢いがあります。

オフェンスのポイントはまずランが出るかどうか。どう考えても苦戦しそうです。それでも我慢強くランをコールして、3rdダウンロングを作らないようにすべきです。ランが出ない場合には、LeSean McCoyがアウトサイドに回ってノーゲインやロスになるよりは、平均2-3ydsでもイイのでタックルの間を走って、Tyrod Taylorの負担を軽くして欲しいです。パッシングがどうなるかは正直分かりません。Houstonも積極的なディフェンスをしてくるでしょうから、Kraig UrbikとJordan Millsの右サイドがWattによって完全崩壊となると、とても厳しそうです。

おそらくTyrod Taylorが投げざるをえないシチュエーションがやって来ると思います。今年のTyrodは現在レイティングが100を越えていますが、見掛けの問題で、内容が伴っているとは思いません。14TD/4INTという一見好成績ですが、INTが少な過ぎます。スマートにプレイしようとして、INTを怖がって、勝負に行っていないのです。若いQBは、一時的にはINTが増える時期があるべきです。Peyton Manningは、初年度に26TD/28INT、4年目に25TD/23INTを記録していますし、Brett Favreはスターター2年目に19TD/24INTです。つまり、「通るか通らないか」というギリギリのミドル以上のパスプレイの感覚は実戦でしか身につかないし、投げ込んでINTされて初めてそのタイミングを身体で覚えるのだと思います。ディフェンダーを引きつけて、投げて通した瞬間にハードヒットされるシーンはホトンドありませんし、ポケット内で軽く前にステップアップしてラッシュをかわしつつ前を横切るWRにサッとパスを通すシーンも見掛けません(これはGreg Romanが用意するWRのパスルートにも問題があると思います)。ポケット・プレゼンスが悪い最大の理由は、そういうギリギリの状況ではTyrodがスクランブルを考えてしまうからだと思いますが、3rd&10や4th&10ではスクランブルを諦めてミドルのパスにチャレンジして欲しいです(今は脚の状態も良くないようですし)。このままでは、Rob JohnsonやTrent Edwardsのように一時的にレイティングが良いだけでチームの勝利には結び付かず、実はただのチキンハートだったということになり兼ねません。「INTを1個を喰らっても、TD2つでやり返す」ような男気をもっと感じさせて欲しいのです。ちなみに、Tom BradyはTD/INT比が最悪でも2:1に近い化け物(スターター3年目の23TD/12INT、5年目26TD/14INT)ですが、シーズン10個以上のINTを喰らったことは過去何度もあります。最初からリミットに挑まずにスマートにプレイしようとすることと、限界を知ってからクールにプレイすることは違います。勝つにせよ負けるにせよ、Tyrodが自身のパッシング能力の限界に挑んで、「勝利に拘る」フランチャイズQBとしての資質を見せる試合になってくれれば、応援する側としては納得できるのではないかと。要するに、今のTyrodはまだ勝利に飢えたQBに見えません。Sammy Watkins以外はお茶濁しのレシーバーばかりで可哀想な側面もありますが、逆境でこそ人間の真価が問われます。

ディフェンス。ジャンケンとか、上下動の激しい相場のようで、全く信用できません。少なくとも、DLだけでHoyerにプレッシャーを掛けるのは不可能でしょう。サッパリINTの増えないゾーンブリッツよりも、ブリッツを入れて最低5人はラッシュさせたほうがダメでも納得が行きます。ブリッツが入ったとき、Nickell RobeyやLeodis McKelvinなら、hot readやoptionでアンダーニースに出るWRにもマンツーマンでカバーできると思うので、積極的な姿勢をお願いします(シーズン中盤からプレイコールはDennis Thurmanらしいですが)。フロント7のタレント不足は言い訳にならず、ここに人がいないからこそ、正真正銘Rex Ryanの腕の見せ所でしょう。この試合を20点以内に抑えられないようなら、HCとして雇う意味がありません。

あとは、神頼み。審判次第でしょうか。いつからこんなにNFLのオフィシャルのクオリティが下がったのでしょうか。チャレンジやレビューがあるので、適当にジャッジしても良いと思っているのでしょうか。愚痴を言っても仕方がありませんが、Buffaloはジャッジに恵まれていないほうなので、こういう大事なゲームくらいは選手のプレイでフェアーに決まって欲しいと切に願います。

勝てば6勝6敗でHoustonに並び、KCやPittsburghの結果次第ですが、プレイオフの可能性が首の皮一枚つながります。盛り上がっていきませう(ヽ゜ω゜)ノ

[PR]
by bufbills | 2015-12-05 23:17 | Bills
<< 2015 Week13 Hou... Jerry Hughes=DE... >>