<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Nigel Bradham=LB Buffalo Bills

2012年のドラ4。Kiko Alonsoが怪我で抜けた昨年から、WLBを担っています。

実は、このBradhamこそが今年のBuffaloの命運を握る選手ではないかと思っています。Bradhamはある意味では可哀想な役柄を背負っており、相手のRB(Week3のMiami戦では相手のRickyかと見まごうような♯34のWilliams)を追い掛けたり、TEをマークしたり、ときにはWRについたりと、ディフェンスのフレキシブルな部分を担わされているのです。その結果、Week2のNE戦ではミスマッチを作られて長いパスを通されるなど、苦戦が目立っていました。

裏を返すと、Bradhamの成長があれば地区優勝もあるのではないかと、そう思わせてくれる選手です。パスラッシャーではありませんが、スピードはあり、タックリングもまあまあで、パスカバーも怪しげにこなしています。どこかで化けてくれれば、グロンコウスキーを完封しろとは言いませんが、どこかでINTやらファンブルフォースやらを奪える選手になると、つまり、ビッグプレイメイカーになってくれれば、スーパーボウルも見えると思うのです。

Bradhamの契約
契約を見る限り、今年が最終年でしょう。来年にはサヨウナラです。是非、起死回生のturnoverを作り出して、Buffaloの人々に至福のひとときをもたらしつつ優雅に去る、そんな西部劇のヒーローのようになることを祈っています。
[PR]
by bufbills | 2015-09-28 21:46 | Linebacker | Comments(0)

2015 Week3 Buffalo@Miami Result

41-14で勝ちました(結果)。前半で27-0ということで、あまり参考にはならないゲームでしたが、チームの地力は示せたと思います。現時点でプレイオフに出る力はあり、NEがつまづいて地区優勝できればスーパーボウルもある、と思います。

オフェンスはTyrod Taylorが3TD 0INTと安定感のある内容。少し左足を捻るような、あぶなっかしいスクランブルが一回ありましたが、オフェンスのリズムを作り出していました。プレイコールを含めて納得できる内容で、Charles Clayへのプレイアクションを中心に、堅実にランを積み重ねています。

Charles ClayがMOMでしょうか。ClayをカバーできるLBがMiamiにいなかった、という点に尽きます。これまでのBuffaloでは見掛けなかったアスリートタイプのTEで、頼りになる選手だと思いました。これまでのBuffaloのTEはパッとしない選手ばかりで、Pete Metzelaars以来、Jay RiemersmaやらMark CampbellやらScott Chandlerやら中途半端白人TEが続いていましたが、その歴史にピリオドが打てそうです。少なくとも、相手のJordan Cameronよりは良く映ったハズ。

Sammy Watkinsは1回ロングゲインで存在感を見せ、後半は引っ込んでいました。リバースでも登場する使い勝手の良いPercy Harvinがエース的な存在でしょうか。ロングパスでも良くTargetになっています。相手のCBの♯24のクッションが大きいために、HarvinやRobert Woodsが3rdダウンを更新するシーンがあり、Miamiの2列目と3列目には物足りなさを感じましたので、評価は難しいところ。Chris Hoganは3rdダウンでスロット的に使われて活躍できれば、というところでしょうか。TDも決めていますが、大きな期待はできなさそう。

RB陣。俊敏なLeSean McCoyはマークがきつく、パワフルなKarlos Williamsはマークが甘い、それだけでスタッツの差が出てしまいましたが、実際のエースはやはりMcCoyで、TDレセプションも見事でした。Anthony 'Boobie' Dixonは今のところパワーもクイックネスもウリがなく、3番手のRBという印象です。

OLはJohn Millerが早々にいなくなり、Kraig Urbikが代わりに入りましたが、ソツなくこなしていました。ランブロックに関してはMillerよりも良く見えたような。Seantrel Hendersonの代わりにCyrus Kouandjioが入ることもありましたが、こちらは良く分かりません。Cordy Glennはフィットネス的にイマイチなのでしょうか、毎試合ホールディングを1回計上している印象。Eric WoodとRichie IncognitoがOLの柱になっています。特にIncognitoは低くてエネルギッシュ。これだけ活躍してくれれば申し分ありません。

ディフェンス。一番気になったのはBacarri Ramboの軽率なプレイ。Ronald Darbyに体当たりして怪我をさせそうなシーンが2回あり、「勘弁してくれよ」と唸りました。ちょっとそそっかしい性格なのかもしれません。そのRonald Darbyは狙われていましたが、持ち場をサッと離れて最初のINTを奪ったり、プレイ理解ができていて、どうやらアタリのようです。これは嬉しい誤算ですね。戻ってきたCorey Grahamは堅実なタックリングで、Secondaryのまとめ役なんだろうな、と思わせる安定感でした。GrahamとStephon GilmoreがTDを通されていますが、気にしなくて良いレベルです。

DLで一番元気が良かったのはJerry Hughes。相手チームにトレード相手のSheppardがいたので、儲け物だと思いながら見ていました。Marcell DareusのサックはMario Williamsの手柄ではないかと。Marioはまだ本調子ではないようですが、堅実です。Kyle WilliamsもときどきペネトレイトやらQBプレッシャーやらで存在感を見せています。控えのCorbin BryantやStefan Charlesも上出来。

おそらくManny LawsonにはJerry Hughesの控え、という位置付けもあるのでしょう。Preston Brownは2INT。反応良く目の前のボールに飛び付いていますし、シュアータックルもパスカバーも安定していて、超アタリですね。個人的には、現時点で良いときのSam Cowartに匹敵するパフォーマンスだと思います。Darryl TalleyやCornelius Bennettの領域にはまだ遠いですが、性格も良さそうで、欠点という欠点が見つかりません。是非、怪我なく長くプレイして欲しい選手ですね。

これで2勝1敗。11月には、6週でroad gameが5試合という「ハア?」なスケジュールも組まれているので、このまましばらく走って欲しいです。
[PR]
by bufbills | 2015-09-28 21:36 | Bills | Comments(0)

2015 Week3 Buffalo@Miami Preview

Miamiとのroad gameです。

ここで負けるようだと例年以上のドアマットチームに成り下がる可能性すらあります。一部の選手に大金を注ぎ込み、ケミストリーが得られず、チーム全員の目標を失って、反則の嵐に沈むと。

この試合で重要なのは、Week1のIndy戦のようなゲームプランに戻して、オフェンスは堅実なランと効果的なパスで、ディフェンスはDLがプレッシャーを掛けて失点を減らし、地力を示して勝つこと。

27-17での勝利を予想します。

Sammy Watkinsをしっかり使うプレイコールと、Tyrod Taylorの成長が見られると良いですが、さて。
[PR]
by bufbills | 2015-09-27 20:51 | Bills | Comments(0)

2015 WEEK2 NE@Buffalo Result

32-40で敗戦も内容的には完敗でした(結果)。

まず反則が多過ぎました。これはコーチングの問題とされるところ。Rex Ryanの手腕に早くも疑問符フラグです。

ディフェンスはTom Bradyに466ydsを投げられ、高給取りDL陣がプレッシャーを掛けられず、ブリッツもイマイチで積極さに欠けました。「去年のほうがマシだったんじゃね?」的な、溜め息が出ました。

オフェンスもオープニングドライブ以外は保守的なプレイセレクションで、出ないランにWRのクイックスクリーンとかばかりで、勝負に行きませんでした。試合が決まってからgarbageしただけです。OCのプレイコールに疑問を持ちました。何故Sammy Watkinsのクイックスラントとか、決まれば間違いなく進むプレイに取り組まないのか。

Tyrod Taylorは若さが出て、パスプロも悪い中、リズムを作り出せませんでした。リリースが遅く、ポケット・プレゼンスも悪く、8サックくらい浴びていました。アウトサイドラッシュをステップアップしてかわして、ショートやミドルのパスを決める、というような期待していたクオーターバッキングは見られませんでした。3INTのうち2INTは味方が弾いたモノで、少し高く浮いたもののキャッチしてもおかしくないギリギリのプレイ。TDパスを見る限り肩が弱いということもなく、ポテンシャルは感じますが、アドリヴ能力がまだイマイチ、というところでしょうか。成長を期待する以外なさそうです。

NEとはまだ差がある、というのが実感で、ガッカリしたFANが多かったのではないかと。まだWeek2だというのだけが、救いでした。
[PR]
by bufbills | 2015-09-21 21:50 | Bills | Comments(0)

2015 WEEK2 NE@Buffalo Preview

この試合は予想の意味はありません。

10点以上差を付けて勝てばスーパーボウル・コンテンダーだと思います。

NEに対して相性が良いのは、SeattleやBaltimoreのようなチーム。つまり、フィジカルでNEの戦略を上回るのがシンプルな方法です。スピードとパワーで局地戦を制することこそが、NEのゲームプランを破壊するのだと思います。グロンコウスキーだけは止まる気がしませんが、1-2回狙ってINTできれば良いのでは無いかと。

30-20で勝利を願います。
[PR]
by bufbills | 2015-09-20 21:37 | Bills | Comments(0)

2015 WEEK1 Indy@Buffalo Result

先に結果を知り、Game Pass契約して録画観戦しました(結果)。

結果は27-14。2003年開幕戦でNEをblow outして以来のBiggest Winでしたが、Most Impressive Winではありませんでした。

原因は24-0と大差がついたことでgameの緊張感がなくなってしまいました。オフェンスもディフェンスも適当になり、真価を発揮するには至らず、です。この試合で最も大きかったのは、Indyの1stシリーズのKyle Williamsに対するHolmesのホールディング。これとT.Y.Hiltonの離脱がなければ試合はもっと違ったモノになっていたかと。

オフェンス。Iフォーメーション、2TEを散見し、3WRはあまり見掛けませんでした。
Tyrod TaylorはPercy Harvinに51ydsのロングボムを決め、要所で良いスクランブルを見せました。クイックネスがあり、決断も早く、やって行けそうなオーラを持っています。ブリッツが入ってスクランブルし、無理に3rdダウンを更新せずに滑り込んだシーンも2回くらいあり、EJ ManuelもJ.P. Losmanもスターターになった途端にスクランブルして骨折アウトという「持ってなさ」を発揮していたので、この人達に比べれば良いかと。ただし、思わず「やめてくれ」と叫んだスクランブルが1回。キャッチゼロに終わったSammy WatkinsにINTスレスレの無理投げ1回。オーバースロー1回でした。
Sammy WatkinsはVontae Davisに封じ込まれていたのか、投げて貰えず、良いランブロッカーになっていました。真のエースの器ではないようです。2ndレシーバーのPercy Harvinがプレイメイカー健在ぶりを発揮。Robert Woodsは3番手で3rdダウン更新役ということでしょうか。TEのCharles Clayがなかなか良く、長いパスも取っていて、スピードがあるようです。これまでのBuffaloの使えないTEとは異なる模様。
OLのプッシュがイマイチで、LeSean McCoyはあまり走れなかったものの、腰が低くてステップが切れるランナーだという証明はしました。Karlos WilliamsはAdamsのオーバーパシュートを利用してTDランしています。Anthony 'Boobie' DixonもゴールラインオフェンスでTD。この人はRex Ryanとの仲が良さそうで、そっちの印象が残りました。ムードメイカーなのでしょうか。
OL。Cordy Glennは痛い反則が1回。Richie Incognitoはランでキーブロッカーになることが多く、右にプルアウトしても中央でも使えそうです。っていうかOLユニットのエース的存在に。Eric Woodは可も無く不可も無く。John MillerとSeantrel Hendersonの右サイドはサッパリ進まず、右方向だとJerome Feltonのブロックも空振り気味で全く期待できませんでした。John Millerは淡白。低く当たって多少ホールディング気味でもディフェンダーを封じ込めようとするRichie Incognitoと比べると、お粗末すぎてもう少し粘れよ、と言いたくなります。Seantrel Hendersonは可はなく無く不可が多少、印象に残りませんでした。

ディフェンス。アライメントは基本的に最低5人をスクリメージに並べるのでしょう。この試合ではしばしば6人並んでいました。パスプロテクションに混乱をもたらす46ディフェンスの醍醐味を見た気がします。5人なら、Mario Williams、Kyle Williams、Corbin Bryant、Jerry Hughes、Manny Lawson、という並びでした。Nigel Bradhamのサックのときは、Mario、Corbin Bryant、Bradham、Preston Brown、Stefan Charles、Hughes、という並びから、Jerry HughesがTEをカバーしつつ、Aaron Williamsがブリッツに入るというモノでした。点差がつくと、4-2-5のリード系のディフェンスに様変わりして一発TD警戒モードになってしまったので、見ても意味は無いと思います。
DLですが、Mario WilliamsとJerry HughesはほぼDE/OLBトゥイナーですね。特にJerry Hughesはゾーンブリッツで下がる印象もあったので、よりOLBに近いversatileな使われ方をされることになり、サックは減りそうですね。Marioは比較的quietだったという評価をされていますが、プレイ自体は悪くありませんでした。Kyle Williamsは妥当なDE的ポジションで、まだまだ現役でやれそうな勢いを感じます。Manny Lawsonの出番が思ったよりもあって、それなりに働いていました。ということで、どうもJerry Hughesが5Techの位置にそのまま入っているような気もします。Manny LawsonとJerry Hughesの境界がイマイチ不鮮明な気が。今後、Marcell DareusがNTに入ると思うので、ランスタッフで頑張っていたCorbin Bryantが5Techにズレる、という事態もあるかもしれません。
Nigel Bradhamは勢いの或るブリッツと上がりを見せ、Preston Brownはランパス両面で堅実なプレイを見せ、いぶし銀の活躍です。この選手は良いですね。Kiko Alonsoを放出しても全く問題ないようです。
Corey Grahamが脳震盪でサイドラインに追いやられましたが、DBに大きな混乱はありませんでした。全体的にタックリングが良いですね。Aaron Williamsはこのくらいはやるだろう、というパフォーマンス。Stephon Gilmoreはパスカバーで進歩を見せ、きちんとボールを見ながら追えています。新人CBのRonald DarbyのINTはLuckのミススロー。RamboあたりがSafetyで入っていて、Hiltonをダブルカバーできず、Luckにしっかり投げられていたら、Hiltonに通されていたと思います。ショートして結果オーライのINTであまり良い気分はしませんでした。Bacarri Rambo、Nickell Robey、Mario Butlerも全体的にタイトなカバーでポゼッションレシーバーと化したAndre Johnsonをマークし、勝利に貢献していますが、最初にTDパスを通されたプレイでは、ゴール前のクロスパターンに対して、内側の選手をカバーしていたAaron Williamsとの呼吸が合いませんでした。Aaron Williamsはマンマークでしたが、アウトサイドのWRをカバーしていたRamboはゾーンだと勘違いしていたようです。ということで、Ramboはちょっとアヤシイ。

MVPはRex Ryanかと。戦えるチームを用意できたことは確かなようです。シーズンが進むにつれてさらに成長と熟成が進むことを期待します。
[PR]
by bufbills | 2015-09-15 01:35 | Bills | Comments(0)

Marcell Dareus=DT Buffalo Bills

契約延長して6年100ミリオンとか言われています。

Dareusの契約
こちらが詳細ですが、現在厳密に保証されているのは42.9ミリオン。

2015のBS2.8M
2015のSB25M(キャップヒットは2015-2019で÷5=5M)
2016のBS7.9M
2016のオプションボーナス以下OB7M(キャップヒットは2016-2020で÷5=1.4M)

とのこと。ただし、2017のBS9.75Mはシーズン3日目には保証に変わるらしく、他にもロスターボーナスが後のほうで年2ミリオンずつとかなっています。

アナコンダ・スー?の契約がどんなものか知りませんが、これは形式的に6年100ミリオンとしてMarcell Dareusのメンツを保っただけで、額面通りの評価をしている契約では無いと思います。2018か2019にはリストラクチャーがあるかと。

Marcell Dareusですが、ここまで怪我もなく比較的順調に成績を伸ばしてきましたが、とんでもなくスゴイ選手、と思ったことはありません。ランスタッファーとして評価されることもしばしばで、その程度のDTだということです。全盛期のWarren Sappのように、ポケットを一瞬で狭くしてOLを混乱の渦に陥れるようなパスラッシュはなく、Mario WilliamsやKyle Williams、Jerry Hughesなどの恩恵を受けての昨年の初の二桁10.5サック。

気になるのは精神面の甘さで、今年もドラッグ問題で開幕戦に出られません。頼むから改心して真のチームリーダーになって欲しいというのがFANのホンネではないでしょうか。現在のディフェンスの柱はMario Williamsで、こんな弱小チームに来てくれて感謝です。それでもまあ、かつてのBruce Smith御大ほどのパフォーマンスではないのですが。

Dareusに期待しているのは一歩目の速さ。爆発力と破壊力ですが、特化しすぎて膝を壊してしまうのも困った事態。ならば、一歩目の速さはイマイチでも、ブルラッシュで押し込むスピードを生み出すパワーでしょうか。良く分からないのは、「結局Marcell Dareusってどんな選手なの?」と訊かれたときに、ピンと来る説明ができないことですね。「ランスタッフもパスラッシュも両方イケル真のオールプロDT」と言える日が早く到来することを夢見ています。

なんだかんだで、全体3位で、1985年の全体1位であるBruce Smith以降のドラフト高位指名の中では比較的成功しているほうだと思います。それが救いと言えば救いなのですが。
[PR]
by bufbills | 2015-09-12 23:25 | Defensiveline | Comments(0)

Tyrod Taylor=QB Buffalo Bills

今年のBuffaloの運命を握る選手。早いハナシがこの男がRussel Wilsonになれればプレイオフが見えます。

Taylorの契約
とりあえず契約ですが、今は便利なサイトがあるのですね。
3年3.35ミリオン、サンイボーナス40万ドル、というイマドキのスターターQBとしては破格を越えた契約になっています。
今のうちに契約更新して欲しいですが、とりあえずBaltimoreが指名した選手、というのが個人的な好みですね。

Ryanのラブコール
によるとRex RyanはNYJ時代にトレードで獲得しようとした過去があるのだとか。ただ、Rex Ryanにimpressionを与えたゲームが何時何処のなのかは分かりませんでした。

或る程度走れるのは大前提です。崩れてからのプレイで真価を発揮するのでしょう。ただし、ポケットの中からパスを決めなければならない場面もあります。ブリッツが真ん中から入ったときのpocket presenceとパスのコントロール、これがシーズンを通して安定していれば、活躍できるのではないかと思います。
[PR]
by bufbills | 2015-09-10 01:04 | Quarterback | Comments(1)

2015 WEEK1 Indy@Buffalo Preview

今年ダメだったら、たぶんまた10年くらいダメなのでは? と思うので、超久々にブログを動かすことにします(笑) といっても、ここ数年、映像はダイジェスト以外はGAORAかBSでやっているのを年に1-2試合しか観てませんし、昔のように英文を読む時間はないので、極めて独善的なモノになると思います。

AFC優勝候補のIndyを迎えるホームでの開幕戦。Andrew Luckでしたっけ? 大変優秀なQBだと思いますが、昨年のプレイオフでの敗退のようにまだ脆いときは脆く、真の安定性は見い出せてませんので、何かが起こってもおかしくないかと。おそらくメディアはコルツ優位の予想でしょうが、NFLだけは開幕してみないと何も分からないのが毎度のお約束。特にシーズン序盤はスカウティング不足でハイスコアリングゲーム連発、要所でディフェンスのビッグプレイがありながらも派手な打ち合いになる展開を予想し、37-34くらいで勝ってくれることを願います(ヽ゜ω゜)ノ

Marcell Dareusがいない、新人のRobyだかDarbyとかいうCBがどの程度なのか知らないので狙われそう、などがディフェンスが進まれる理由ですね。ただ、地力upと言われるColtsのオフェンスも、Frank GoreとAndre Johnsonのヴェテラン組ですから(一流ですが)、それほどの上積みがあるとも考えにくいです。ただ、成功率60%前後のLuckのパスが67%とかくらいになってくると、手が付けられないかも。

開幕戦なので、怪我でシーズンアウトになる選手が出ないことも祈ります。そういうことがあると、選手寿命が縮んでしまうのがNFLかと思います。
[PR]
by bufbills | 2015-09-08 00:51 | Bills | Comments(0)