<   2005年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

2005 WEEK11 Buffalo@San Diego

4勝5敗となったところで、@San Diegoです。San Diegoは5勝4敗ですが、実力的にはAFCトップクラスであることは間違いなく、Denverとの地区優勝争いにもつれ込むために、BYE明けの必勝態勢で望んでくることでしょう。今季のBuffaloはまだRoadでの勝利が無く、現実的には圧倒的に不利な状況です。見通しが立ちませんが、J.P. Losmanが先発するようなので、極力前向きな予想をしたいと思います(爆)

まずSan Diegoのオフェンスからですが、焦点は言わずと知れたLTとAntonio Gatesの2人です。Drew Brees覚醒はGatesなくしてはあり得ず、Keenan McCardellを加えた信頼できる3つのターゲットがBreesを支えています。このうち、Keenan McCardellはNate Clementsが相殺するとして、GatesとLTに関してはマッチアップできる人材が見当たりません。KC戦でTony GonzalezはTDこそ無かったモノの、8回約80ydsを獲得していますし、Lawyer MilloyにもAngelo CrowellにもJeff Poseyにも期待できません。となると、ゾーンD♯で守ることが必然となり、これは結果的に好転につながるのではないかと思います。Jerry GrayはKC戦でもブリッツを控えめにして、4メンラッシュを基本とするカバーD♯を中心にしたらしいです。この先週同様のプランで行くことが肝心で、Larry Johnsonに前半だけで16回100ydsを走られたように、LTに走られても構わないから「パスでポンポン進まれてアッサリTD」という展開だけは避けるべきです。上手くはまれば先週同様のTurnoverによって活路を見いだせるかもしれません。Jerry Grayの我慢と辛抱を期待します。

一方でSan Diegoのディフェンスですが、Yahoo!掲示板のshottenheiさんによると、ランD♯とパスラッシュは良いが、パスカヴァレッジに難を抱えているようです。Priest Holmesを引退危機にまで追いやるほどのルーキーOLB Shawn Merrimanの存在は脅威ですが、Mike Gandyのパスプロに関しては、パワーラッシャーよりはスピードラッシャーのほうが得意ではないかと思います。Merrimanの場合、LBにしてはパワーがあるので結局粉砕されてしまう可能性がありますが、@NEでRoosevelt Colvinにやられたことを思い出せばなんとかしてくれるような気がします(爆) むしろ問題なのはRTのJason Petersのほうで、これだけのプレイメイカーとマッチアップするのは初めてでしょう。経験不足がモロに出てグタグタになる可能性はありますが、TEもこなせてキックオフカヴァーにも入るJason Petersのアスレティック能力があれば、克服可能だとも思います。これは今週の練習でどれだけOLBのパスラッシュに対する対処法が訓練できたか次第でしょう。要はパスラッシュさえ凌げれば、Lee EvansやEric Mouldsで勝負できます。2人がダブルカヴァレッジされても、積極的に2人に投げて行くべきでしょう。フィールドを縦にストレッチできればWillis McGaheeやShaud Williamsのドローやスクリーンが有効になり、フロント7を突破すればランでもロングゲインが期待できます。Jamar Fletcherにせよ、Quentin Jammerにせよ、1on1なら勝負になります。ダブルカヴァレッジされていても、抜けてしまえば「彼について行けるDBなんてNFLにはいないよ」というMouldsのコメントに象徴される、Lee Evansの爆発が期待できます。Lee Evansの爆発がない限り、Buffaloの勝ちはありませんし、Wade Phillipsはこれを阻止するために、ありとあらゆることをやって来るはずです。Sackを喰らってロスしても、20yds以上を通して挽回する、出入りが激しくても積極的なプレイセレクションが勝つためには必要でしょう。

Wade Phillipsは3-4のカヴァー3・4を基本に、変幻自在なパスラッシュを繰り出し、かつ信頼できるNTを中心にRead系の折れないランディフェンスを作り上げることに定評があります。今季、ランでズルズル進まれたのはPittsburgh戦だけだと思います。Pittsburghと同じ方程式を使うBuffaloが、この再現をできないはずがありません(核爆) NE戦同様、Trey TeagueがJamal Williamsをパワー負けしながらもコントロールし、他のOLも対面の選手をしっかり押せれば、Willis McGaheeのデイライト能力を活かせるような状況が作れます。「後ろに不安を抱えるSan Diegoが、Safetyを上げてくることはまずない」と思いますので、フロント7相手の攻防で互角に戦えれば、道は開けます。J.P. Losmanの走力は3rdダウン限定で使用し、Daimon Sheltonへのプレイアクションを通し、ロールアウトからTEへのパスを積極的に使っていけば、アップセットは起こります。

JPの未熟さがモロに出て一方的な敗戦というシナリオの可能性も高いですが、20点前後の攻防もあり得ると思います。10-38が70%、24-20が30%と予想します。もつれ込ませるためには、BreesからINTを奪い、Willis McGaheeがフロント7相手に25回100ydsを記録し、Lee Evansが100yds超、J.P. Losmanが4回30ydsのラン、というような状況ではないでしょうか? Bill Belichickよりも複雑なことをやってくることは明らかなので、@NEよりはパスを散らしたバランスアタックが必要、と考えます。もう1つだけ、前半戦4試合でショットガンをまるで使いこなせていなかったJ.P. Losmanが、これをそれなりにマスターしていたら、今のSan Diegoに対しては極めて有効かもしれません。
[PR]
by bufbills | 2005-11-20 22:44 | Bills | Comments(9)

2005 WEEK11

Sunday, Nov. 20
Arizona at St. Louis 1:00 p.m.
Carolina at Chicago 1:00 p.m.
Detroit at Dallas 1:00 p.m.
Jacksonville at Tennessee 1:00 p.m.
Miami at Cleveland 1:00 p.m.
New Orleans at New England 1:00 p.m.
Oakland at Washington 1:00 p.m.
Philadelphia at N.Y. Giants 1:00 p.m.
Pittsburgh at Baltimore 1:00 p.m.
Tampa Bay at Atlanta 1:00 p.m.
Seattle at San Francisco 4:05 p.m.
Buffalo at San Diego 4:15 p.m.
Indianapolis at Cincinnati 4:15 p.m.
N.Y. Jets at Denver 4:15 p.m.
Kansas City at Houston 8:30 p.m.

Monday, Nov. 21
Minnesota at Green Bay 9:00 p.m.

オープンデイトが終了しました。好調な2チーム、CarolinaとChicagoの対決が注目ですが、流石にCarolinaが有利と思いますが、アップダウンの激しいJake Delhommeの調子次第ではChicagoの勝ちもありそうです。Donovan McNabbの出ないPhiladelphiaとNYGの対戦ですが、私はMike McMahonでも行けると思っています。なんと言っても過去A.J. Feeleyで4勝1敗の実績がありますので、Andy ReidのQB訓練能力があればなんとかなるのではないかと。2年契約なので今年活躍すれば、シーズンオフに高くトレードすることも可能です(爆) 要は今シーズン微妙にピークを超えてきたっぽいD♯の頑張り次第ではないでしょうか? Tampa BayとAtlantaの地区優勝争いも見物。Indyは好調のCincyが相手ですが、Cincy得意のTurnover奪取をさせずにやはり勝つと思います。

個人的に秘かに応援しているのはSan DiegoとMinnesota。San DiegoはBuffaloを迎えるということで、負けられない一戦。Minnesotaは今年最初の対戦で劇的な逆転勝ちをしたGreen Bayの敵地で。これを勝てば確か5割復帰ですから、要注目です。
[PR]
by bufbills | 2005-11-18 23:31 | NFL | Comments(9)

Herman Edwards=HC New York Jets

師匠筋にあたるDick Vermeilが引退した場合、KCの後任HCになる噂があるとか。

KCはOklahoma大の名将Bob Stoopsにも興味があるとか。

なんだか良く分かりませんね(ヽ゚ω゚)ノ
[PR]
by bufbills | 2005-11-17 16:03 | Coach/Front/Agent | Comments(7)

Steve McNair=QB Tennessee Titans

現在の契約だと、2006年の3月2日にロスターに残っていた場合、50ミリオンのロスターボーナスが発生する、ということのようです。

2003年シーズン終了後、Peyton ManningとCO-MVPとなった際に契約延長を行い、2006年までだったのを2009年までにした模様。

さらにNFLPAによると、ベースサラリーは

1995 983000.00
1996 1228750.00
1997 1474500.00
1998 1720250.00
1999 4666000.00
2000 440000.00
2001 500000.00
2002 2000000.00
2003 655000.00
2004 660000.00
2005 765000.00
2006 9000000.00
2007 11000000.00
2008 13000000.00
2009 15000000.00

となっており、2006年はベースサラリーだけで9ミリオンあります。

50ミリオンの無保証ロスターボーナス直撃だけはあり得ないと思います。コレをサインボーナスに変換して4分割することになっているとして、12.5ミリオンの上乗せ。

さらに2004年アタマの3年契約延長時に、額が不明ですがサインボーナスを数ミリオン支払っています。「来季のSteve McNairのキャップヒットは26.8ミリオンだ」という記事が多いので、単純に「26.8-BS9-RB分割12.5=5.3」が残り契約年数で分割されたサインボーナスぶんと考えると、2004-2009の6年×5.3ミリオンとして、31.8ミリオンくらい2004年の契約延長時にサインボーナスを支払った、と推測できます。

ということで、2006年3月にロスターボーナスを支払わず、このままチームを移籍・引退したとしても、20ミリオン以上のデッドマネーが発生することになるのではないでしょうか?

リストラクチャーによって、BSとSB合わせて30ミリオン以上の近い大幅なペイカットを飲まない限り、Steve McNairのTennessee残留はあり得ないように思います。

実際のプレイぶりに関しては、pinoさんの投稿を待ちたいと思います(爆)

http://www.tennessean.com/sports/titans/archives/04/11/62135606.shtml

http://www.nflpa.org/Members/playerProfile.asp?ID=22523
[PR]
by bufbills | 2005-11-16 16:46 | Quarterback | Comments(11)

Tony Parrish=SS San Francisco 49ers

Chicago戦で左脚腓骨fibulaを骨折、シーズンアウトになりそうです。Keith Lewisが代わりに入ったとか。

不甲斐ないオフェンスにめげずに頑張っているディフェンスですが、さらに厳しい状況になりました。
[PR]
by bufbills | 2005-11-15 15:11 | Secondary | Comments(0)

Olin Kreutz=Center Chicago Bears

好調Chicagoを牽引する実力派のCenterですが、先週ケンカをした際にチームメイトのFred Millerのアゴを骨折させてしまったとか。歯もなくしてしまったとかで、Millerに代わってJohn St. Clairがスタートしていたようです。

1996年の4月、Washington大学時代にもチームメイトのSekou Wiggsを怪我させたことがあるようです。プロボウル4回選出のチームリーダーですが、一方で激しく熱しやすいエモーショナルなプレイヤーのようです。
[PR]
by bufbills | 2005-11-15 15:11 | Offensiveline | Comments(0)

Charlie Batch=QB Pittsburgh Sttelers

Cleveland戦でスターターになってせっかく結果を出したと思ったら、PittsburghのフランチャイズレコードとなるHines Wardのキャリア538回目のパスキャッチの際に、右手をヘルメットにぶつけて骨折してしまって、2週間休むようです。

Ben Roethlisbergerもヒザの手術からの回復にもう1週くらいかかるとのことです。これでTommy Maddoxが再びスターターになるのでしょうか。Indyを追い掛けるためにはもう1つも負けられない状況です。
[PR]
by bufbills | 2005-11-15 13:53 | Quarterback | Comments(0)

Jeff Fisher=HC Tennessee Titans

5-11だった昨シーズンに引き続き2-7ということで、94年途中にチームを引き継いで以来、最悪の状況のようです。そこで、今シーズン限りで他のチームに移籍するのでは、という臆測があるようです。

2003年に契約延長をしていますが、2006年まで契約が残っており、2007年もオプションになっていますが、サラリーは年5ミリオンという高額。

ただし、NFLで最も若いチームを率いているという事情もあり、オウナーのBud AdamsもGMのFloyd ReeseもJeff Fisherの去就に関する発言はしていません。むしろ、Steve McNairのキャップ問題の解決が、Jeff Fisherの今後と直結している、と言えるような気がします。
[PR]
by bufbills | 2005-11-14 01:03 | Coach/Front/Agent | Comments(2)

2005 WEEK10 Kansas City@Buffalo

充実したOL陣が率いるラン・オフェンスに絶対の自信を持つKCをHome迎えての一戦。BYE明けということもあり条件的には良いはずですで、Bills Dailyも27-23で勝利予想ですが果たしてそうなるでしょうか?

まずKCのディフェンスから。今年ほとんど観る機会がないのでサッパリ分からないのですが、開幕当初のNYJ戦とかの記憶だと、多少ズルズル進まれて失点することもありますが、Turnoverを奪えるディフェンスという印象も受けました。LB陣のスピード化が一気に進んだので、彼らのブリッツが入ったら今のBuffaloのOLだと対処できないと思います。パスD♯に不安を抱えているらしいので、ますますプレッシャー強調型のディフェンスを敷くでしょうし、それが今のBuffaloのO♯には有効だと思います。Kelly HolcombはフラットなD♯には良い仕事をしますが、Roosevelt Colvinのサックに代表されるように、変化が多いD♯には苦労しそうですので。要するに並のQBだということです。Roadゲームということもあり、KCのDCが思い切ったプレイコールをすれば活路は見いだせると思います。

Buffalo側から見ると、「Willis McGaheeのランが出るかでないか」といういつものパターンになります。Willis McGaheeのランを止める意味でもブリッツが入るでしょうから、Kelly HolcombとTim Euhus、Mark Campbell、Roscoe Parrish、Josh Reedあたりのホット・リードのコンビネーションが重要になります。で、この4人は全てアテになりませんので、光は見えません。今回はWillis McGaheeのランが止められてしまい、3rdダウンで苦しむ展開になるのではないかと思います。

最後は「KCのオフェンス対Buffaloのディフェンス」ですが、どう考えてもLarry Johnsonが止まる気がしません。Priest Holmesの不在など関係なく、Larry Johnsonに200ydsくらい走られるのではないかとヒヤヒヤしています。簡単に言えばAtlanta戦の再現でしょう。ランで200yds、パスで100yds進まれてボールコントロールされて終わりだと思いますし、KCはパッシング・オフェンスを見せないで済む余裕すらあるのではないかと思います。もちろん、イザとなったらDick Vermeil=Trent Greenのパッシング・オフェンスには破壊力があります。現在のBuffaloの致命的な弱点は、読みが悪くワンタイミング遅れて追い掛けることしかできないAngelo Crowellと、スクリメージから離されてパスカヴァーも不得手でランD♯のパシュートにも迷いがあるJeff Poseyという2人のOLBです。2TEの1バックかFBを入れての2バックで、この2人を常時出場させるようにして、ゾーンブロックを中心にしながら、時折Angelo Crowellサイドへのカウンターと、Brian WatersとWill Shieldsという最強OGコンビの外側へのクイック・プルアウトでもやっておけば、絶対止まらないと思います。Buffaloが8メンフロントを敷いたとしても、肝心要のLawyer Milloyがタックルできない症候群にかかっていますので、Larry Johnsonに当たり負けして粉砕されるでしょう。

前半から2TDをリードされるとか、一方的な展開になってJ.P. Losmanが登場する流れを期待します。13-31くらいではないかと。あと、NEがMiamiに負けるのだけは勘弁して欲しいです。FANとしてはオカシイのかもしれませんが、変に地区優勝するよりはまずはJ.P. Losmanの成長に賭けることのほうが重要だと思います。やはりQBが良くないと勝てないのがNFLです。
[PR]
by bufbills | 2005-11-13 23:56 | Bills | Comments(6)

2005 WEEK10

Sunday, Nov. 13
Arizona at Detroit 1:00 p.m.
Baltimore at Jacksonville 1:00 p.m.
Houston at Indianapolis 1:00 p.m.
Kansas City at Buffalo 1:00 p.m.
Minnesota at N.Y. Giants 1:00 p.m.
New England at Miami 1:00 p.m.
San Francisco at Chicago 1:00 p.m.
Denver at Oakland 4:05 p.m.
N.Y. Jets at Carolina 4:05 p.m.
Green Bay at Atlanta 4:15 p.m.
St. Louis at Seattle 4:15 p.m.
Washington at Tampa Bay 4:15 p.m.
Cleveland at Pittsburgh 8:30 p.m.

Monday, Nov. 14
Dallas at Philadelphia 9:00 p.m.

Open date
Cincinnati, New Orleans, San Diego, Tennessee

まずはNick SabanとBill Belichickの初対戦。Denverは敵地Oaklandでも結果を出すようなら、Indy追撃の一番手になるかも。マンデーナイト、TO抜きのPhiladelphiaにとっては、シーズンを決めるかもしれないmust win gameになるでしょう。
[PR]
by bufbills | 2005-11-12 15:43 | NFL | Comments(23)