<   2005年 09月 ( 53 )   > この月の画像一覧

2005 WEEK4

Sunday, Oct. 2
Buffalo at New Orleans(San Antonio, TX) 1:00 p.m. 712
Denver at Jacksonville 1:00 p.m. 710
Detroit at Tampa Bay 1:00 p.m. 706
Houston at Cincinnati 1:00 p.m. 709
Indianapolis at Tennessee 1:00 p.m. 708
San Diego at New England 1:00 p.m. 711
Seattle at Washington 1:00 p.m. 707
St. Louis at N.Y. Giants 1:00 p.m. 705
N.Y. Jets at Baltimore 4:05 p.m. 715
Dallas at Oakland 4:15 p.m. 714
Minnesota at Atlanta 4:15 p.m. 713
Philadelphia at Kansas City 4:15 p.m. 716
San Francisco at Arizona(Mexico City) 8:30 p.m.

Monday, Oct. 3
Green Bay at Carolina 9:00 p.m.

Open date
Chicago, Cleveland, Miami, Pittsburgh

Denver@Jacksonville、NYJ@Baltimoreはチームの実力を計るのに格好のカード。片目を開けたMinnesotaとSan Diegoが、それぞれAtlantaとNEに乗り込みます。Green Bayは敵地で厳しい戦いになりますが、4連敗となると流石にチーム崩壊の危機かも。

オープンデイトの4チーム。比較的チーム状態は良いのではないかと思います。
[PR]
by bufbills | 2005-09-30 18:57 | NFL | Comments(3)

Richie Incognito=OG St.Louis Rams

Ramsの2005年ドラ3bですが、ようやく4年契約がまとまったとのこと。

2003年にはsophomoreとしてNebraskaで大活躍したモノの、2004年はヒザの怪我で全休だったとか。その後、Oregonに移ろうとしてダメだったっぽいです。しかし、「ヒザの怪我がなければドラ1の素材」ということで、契約が揉めたようです。

それにしてもこの名前、ラテン系でしょうか? なんて読むのでしょう?
[PR]
by bufbills | 2005-09-30 13:37 | Offensiveline | Comments(6)

Mike Rumph=FS San Francisco 49ers

2002年のドラ1で、CBとしては大成せずFSにコンヴァートされていましたが、脚の靭帯断裂でIR入りのようです。昨シーズンも腕の怪我でシーズンの大半を棒に振っています。

さらにAhmed Plummerが手術で数週間の欠場が予定されており、San FranciscoのSecondaryは非常事態に。

そこで元DenverのWillie Middlebrooksと契約した模様です。
[PR]
by bufbills | 2005-09-30 13:33 | Secondary | Comments(2)

William Peterson=CB New York Giants

背中の怪我でシーズンエンドの噂。2003年にも背中を痛めて12ゲームを休んでいる模様です。
[PR]
by bufbills | 2005-09-30 13:26 | Secondary | Comments(0)

Madden 2006

先日秋葉原でPC輸入盤を入手しました(爆) 印象としては2002年盤?に近い気がします。前作よりもアナログな感覚がします。ランも出ます。ということで、私は「Coachモード、12分、Long、ALL-PRO、40秒時計短縮あり」で1ゲーム約1時間の楽しみ方ですが、現在のところの雑感です。

Madden2006の攻略のキーは、スナップ前のオフェンスの微調整にあります。オーディブル(Sボタン+当該ボタン)によってランパスを変えられるのは当然として、プライマリ・レシーヴァー=メイン・ターゲット(Gボタン+当該ボタン)になるレシーヴァーのパスルート(シフト+上下左右)を変えられることが大きいです。ホットルートの設定も可能なのですが、おそらくレシーヴァーのルートを最初から変えてしまったほうが、スッキリして混乱が少ないです。ただし、ルート変更で安易なGOは禁物で、密着マンツーされていると余裕でINTを喰らいます。しっかり引き離せるスピード差のある相手にGOを使うべきでしょう。

ホットルートを重視しないのは、当該レシーヴァーのAwarenessが良くないと対応してくれない可能性があるからなのですが、確かめたわけではないので分かりません(爆) いずれにせよディフェンスのプレイコールを読み切る必要があり、そのために4WRや5WRにしておいて、モーション(上下+左右)を40秒ルールが切れないうちに使うことをオススメします。他に、ランニングプレイの方向(シフト+左右)を変えられるのも大きいです。シフト(Rボタン+上下左右)はタイトなランニングプレイを行いたいときに効果的ではないでしょうか。OLのパスプロ(Wボタン+上下左右)は使い道がありそうです。TEとFBのブロッキングスキームの変更は、まだ良く分からないです。以下、Madeen2006におけるオフェンスの基本Strategyをまとめてみます。取り敢えずオフェンスはBalancedというプレイブックを選んでいます。

人員配置ですが、エースWRはポゼッションタイプ。2番手以降はスピードタイプを配置。もちろんエースWRにスピードがあるに越したことはないです。RBはスピード派を起用したいですが、実際にはアタマの良さとキャリー能力が明暗を分けることになりそう。エースRBのレシーヴィング能力が低い場合、3rdダウン専用でレシーヴィングの上手い2番手を用意することはアリかもしれないです。FBはブロッキングを重視。となるとほぼ必然的にスピードが落ちるので、思い切ってFBにパスを投げることは諦めます。フラットのパターンなどでINTを喰らうのは致命傷につながるからです。TEも1本目はブロッキングを重視。するとスピードは落ちることになりますが、それでもキャッチ能力が高いとか、レシーヴィングの良いバランス型をなんとか探します。2本目はスピード重視で、完全なレシーヴィングTEを選出。

相手Safetyが2ディープならラン、1ディープならパスが鉄則です。ただし、速いブリッツが来ると分かっているときには、悠長なパスを投げている時間はないです。敢えて捨てプレイ覚悟で真ん中のランをしておくことも有効です。逆に、相手が2ディープでパス投げなければならない状況はあり得えます。その時には、ディープは捨てて浅いゾーンにショートパスを投げるのが有効で、脚の速いレシーヴァーを横に走らせるとなんとかなることが多いです。詰まるところ、3rd&ロングを作ってしまったらプレイの是非は「運頼み」であることを弁えるべきで、3回のチャンスのうち、1回は失敗するとして、「4ydsのランと6ydsのパス」を1回ずつ決めてダウンを更新していく感覚が正しいと思います。

ゾーンD♯相手には、オプション・ルートにしたレシーヴァーが上手くゾーンの切れ目に入ってくれることを期待します。マンツーマンDの場合、パスの成功は如何にしてミスマッチを作り出すかに掛かっています。まずは、左右のWRとCBのマッチアップを確認。「マンツーマンで1ディープ」ならドンドン縦に走らせて一発を狙います。続いて、内側のレシーヴァー。スロットのWRやTEになりますが、しばしば足の遅いSSやLBとのマッチアップが生まれ易いです。ダウンの更新が必要なときには、この「インサイドの2人」がキーになることが多く、ミスマッチ要員としての出番は必然的に増えます。最後にRBですが、最初から思い切ってノーバックにして左右に走らせるのが有効かもしれません。

プレイアクションのパスはAll or Nothingだと考えるべきで、相手のブリッツが入るとモロにサックを喰らうことが多いです。一方で、ブリッツが入らずにRead and Reactを強いることが可能なら、成功率は俄然上昇します。よって、相手ディフェンスの見極めが肝心で、駄目そうならすぐにオーディブルでプレイを切り替えたほうが良いです。

オーディブルに入れるプレイは使用頻度が高いものを。チームの基本プレイと認識すべきです。だから5つの枠を、熟考して選ばなければならないのですが、まだ埋め切れていません。

●Singleback-Big HB Stretch Flip【2ディープ相手の基本ラン】
WTEから、RGをプルして左アウトサイドのラン。最も使用頻度が高いプレイの1つです。何故かというと、右TEの2バックセットを選ぶと、相手ディフェンスのフロント7が(オフェンスから見て)右側に偏る傾向があり、左側の人数が手薄になるのでオーヴァーパワーできることが多いからです。RBがリードブロッカーの先に行ってしまうことが多いので、RGにはパワーよりも機動力のあるタイプ、スピードと加速力に優れる選手を求めたいです。おそらくUFAになっているDan Nealが最強でしょう。逆にRBは多少スピード不足でも、デイライト能力がある選手なら良いゲインを見せるでしょう。

ちなみに、どうしてもパスを投げたくないときにも使用します。REとLEを比較考量して、シフト+矢印でディフェンスの弱そうな方へ突っ込み、ロスでOKと割り切ります。いわゆる緊急避難用の捨てプレイです。

●Singleback-Big・・・
基本ランの裏プレイとしての必要性。1ディープ処理されたときのパスプレイ。ブリッツに対応するため、さらにパスを獲れないFBを有効利用するためプロテクションに参加するのが望ましい故にこうなる。つまり、2バック体系でFBが左TEに入った場合には、フリップして、右の正TEをセイフティバルブで使うようにする。実は適当なプレイがないために、きちんと選んでいません。毎回の気分によって入れ替えて使っています。

●4WR HB Option Flip【ブリッツ無しの基本パス】
一発TDを何本取ったか分からないくらい、どんな状況でも使える便利なパスプレイ。ポゼッションの性質、ディープの性質×2、RBのミスマッチ等、余りにも使えます。左WRと右スロットのWRを快速コンビにするのがポイントです。ただし、ブリッツが入ったとき、若干プロテクションに問題があるので、タイミングの速いパスが他に必要となります。

●4WR Slant Flip【ブリッツ対抗策の基本パス】
短いタイミング専門。スラント×3という邪悪なルートで、RBはブリッツのピックに回ります。メインターゲットを1人にして、他の3人を反対サイドに持ってくることが望ましいかもしれません。

取り敢えず3.5個くらいは確定しているのですが、I Formationのパスプレイもあったらよいかと思っています。しかし、BalancedだとWTEすなわちSingleback-Bigに適当なパスプレイが無さ過ぎるので、プレイブックの変更を検討中です。

取り敢えずこんなカンジでやっています。
[PR]
by bufbills | 2005-09-29 23:23 | Privates | Comments(9)

Jamie Winborn=OLB San Francisco 49ers

Mike Nolan就任で3-4となり、WLBのポジションをAndre Carterに奪われ、トレード志願でロッカーを片づけたそうです。

Andre Carterと同じ2001年のドラ組ですが、怪我が多い選手でフルシーズン活躍したことは少なく、スピードに頼ってディシプリンに掛けたプレイをする傾向があるとのこと。
[PR]
by bufbills | 2005-09-29 14:00 | Linebacker | Comments(1)

Rashaun Woods=WR San Francisco 49ers

開幕3試合inactiveだったOklahoma State出身のドラ1全体31位ですが、左手親指の怪我でシーズンエンドだとか。quadriceps muscleを痛めてサマーキャンプをフイにしたのも大きかったようです。

保証されているサラリーは3.85ミリオンだとか。
[PR]
by bufbills | 2005-09-28 11:30 | Widereciever/TE | Comments(0)

Jay Bellamy=SS New Orleans Saints

もMinnesota戦でrotator cuffを断裂してシーズンアウトだとか。Saintsは33歳のチームリーダーの喪失に悩まされるようです。

Dwight SmithがSSに移り、ドラ2ルーキーのJosh BullocksがFSに入るようです。
[PR]
by bufbills | 2005-09-28 11:27 | Secondary | Comments(0)

Vinny Testaverde=QB New York Jets

The first overall pick in the 1987 draft by Tampa Bay, he has played 18 seasons in the NFL with the Bucs, Cleveland/Baltimore, the Jets and the Cowboys. He is sixth on the NFL's career list of passers with 44,476 yards.

がNYJに復帰します。もうすぐ42歳だとか。取り敢えずバックアップのようですが、経験豊富なのでやってくれるでしょう。

楽しみですね。
[PR]
by bufbills | 2005-09-28 11:24 | Quarterback | Comments(1)

Willie Offord=SS Minnesota Vikings

New Orleans戦のキックオフカヴァレッジ中に人工芝に左膝を取られたらしく、シーズンエンドだとか。Darren Sharperの怪我を受けてスターターだったようですが、気の毒ですね・・・。
[PR]
by bufbills | 2005-09-27 23:44 | Secondary | Comments(0)