<   2005年 05月 ( 80 )   > この月の画像一覧

Peerless Price=WR Atlanta Falcons

99年のBuffaloのドラ2で、2003年にフランチャイズ指名された挙げ句、ドラ1とのトレードで「7年42ミリオン、サインボーナス10ミリオン」という金額でAtlantaに移籍しました。

そのPeerless Priceがどうも6月1日にカットされる可能性があるとのこと。過去2年間パッとした成績は残せていないため、「Peerless Priceは所詮ナンバー2の器」「そもそもMichael Vickがパス下手過ぎ」という議論を引き起こしてしまっています。先日のドラ1でAtlantaはWR Roddy Whiteを指名しており、そういう意味ではリアリティのある話です。
http://bufbills.exblog.jp/1584801/

Peerless PriceについてはYahoo掲示板に書いた2002年11月のレポートをコピペしておきます。

******************

Peerless Price
99年のドラ2。今季急成長。Bledsoeの恩恵を最も受けているプレイヤー。サイズとフィジカルでMouldsに劣るが、スピードとクイックネスで優れ、ルート取りが上手い。全体的にスマートになった印象。3WRでスロットに入ることが多く、その恵まれた状況を最大限に生かし、ミドルでひょっこりフリーになったりする。今年最も良くなったのはラン・アフター・キャッチ(RAC)で、10~20ydのパスをロングゲインに変えている。Houston戦、Detroit戦のTDは、いずれもパスをレシーヴしていったん止まってから相手DBをかわし、エンドゾーンまで持ち込んでのモノ。右に走ると見せかけてから、左に進路を変えてダッシュする動きは”Race Move”といい、これは前WRコーチ(現KCのWRコーチ)Charlie Joinerから教わったことだとか。ともかく今年は身体にキレがある。プレイ・スタイルを見ていると、個人的には「ナイフ」というニックネームが相応しいと思う。今年は4年契約の最終年で、オフには微妙な立場に立たされそう。Priceが残留するには、巨額契約を抱えるMouldsのリコンストラクチャーが前提となると思われる。後任としてJosh Reedをドラフトした経緯はあるモノの、できれば再契約してチームに残って欲しい。そうすればBUFオフェンスは3年は安泰だろう。

******************

Atlanta加入後も余り大差のないプレイだったように思います。意外と器用な選手ではありません。決められたルートランニングが上手いとか、そういうテクニックのあるプレイヤーではなく、縦へのスピードと身体のキレでディフェンダーのアミをかいくぐっていくタイプです。ラン&シュートっぽいフリーなルートなら好きに走り回って活躍できるということで、キャッチング能力も飛び抜けてスゴイという訳ではありません。ただし速いときは速いです。

そのPeerless Priceですが、解雇されたときにはBuffaloに戻る気があるのだとか。うーん、そうなったら願ったりですが、ドラ2が浮いてしまって勿体ないのが残念です。
[PR]
by bufbills | 2005-05-31 20:36 | Widereciever/TE | Comments(5)

Mike Doss=SS Indianapolis Colts

確か2002年のドラ2なワケですが、どうも発砲容疑で捕まったとか。朝の2:20頃にレストランの外から5-6発の銃声がして、警官が駆けつけたところ、Dossの車内から盗難された銃が見つかったとか。

何か不思議な話ではありますが、他にニュースがないので特ダネになってしまいました。
[PR]
by bufbills | 2005-05-31 12:27 | Secondary | Comments(1)

Rodney Harrison=SS New England Patriots

今オフ大荒れの原因となった、ホールドアウトの波が王者Patriotsにも直撃!?

今季は6年契約の3年目で1.8ミリオンを受け取ることになっているRodney Harrisonですが、キャンプに不参加の模様。安いと思っているかどうかは分かりませんが、Boston HeraldのMike Felgerというライターが書いた模様で、代理人のSteve Feldmanはその手の話はノーコメントのようです。
[PR]
by bufbills | 2005-05-30 20:15 | Secondary | Comments(1)

Jamal Williams=DT San Diego Chargers

詳細は不明ですが、5年契約延長で、2010年までいることになるのだとか。

今最も頼りになる3-4のNTかもしれませんね。BaltimoreのKelly Greggだと手が短くて、実際今年はDEに転向するとか言われるほどですし、NEはまだ若いし、OaklandのTed Washingtonは年ですし・・・。

ということで、なんかドラフトでNT候補を指名していたような印象もあるのですが、今のSan Diegoにはイロイロ余裕があるようです。
[PR]
by bufbills | 2005-05-29 02:45 | Defensiveline | Comments(0)

Signing Bonus=諸刃の剣

ボーナスにはイロイロありますが、基本となるのが「サインボーナスSigning Bonus」です。サインボーナスは契約締結時にご祝儀として「全額」支払われます。選手にとっては必ず貰えるオカネなので、多ければ多いほどありがたいモノ。よって、契約を結ぶときには、「サインボーナスの額をいくらにするか」が焦点になることが多いです。

サインボーナスで重要なポイントは、ベースサラリーが「全額キャップヒット」するのに対して、サインボーナスは契約年数で均等に割った額がキャップヒットします。分割払いのイメージですね。つまり、6年契約を結んでサインボーナスが6ミリオンなら、毎年1ミリオンがキャップヒットします。

「保証されていない」ベースサラリーと違って、サインボーナスのような「保証されている」ボーナスは、分割払いをすることができます。分割払いをする際、「オカネを平たく引き延ばす」と言う意味でspreadという動詞を使います。選手の給料には、spread可能なボーナスと、spreadできないベースサラリーの2種類があることを抑えればだいたいOKです。

ところで、ベースサラリーと比べると、分割払いのサインボーナスは毎年のキャップヒットが少ないので、なんとなく便利で都合のいい雰囲気が漂います(爆) ベースサラリーが10ミリオンだと、10ミリオン全額がそのままキャップヒットしてしまいますが、サインボーナスが10ミリオンだと、5年契約にしておけば毎年2ミリオンで済みます。これはラッキー。サラリーキャップ施行当初は、これ幸いとばかりに、サインボーナスを乱発するチームが続出しました。

サインボーナスが怖いのは、選手が途中でいなくなった場合です。例えば途中で選手を解雇した場合、分割払いの残額が解雇した年のチームサラリーに直撃します。サインボーナス10ミリオンで5年契約を結んだ選手を、契約2年目に解雇すると、2年目に残り8ミリオンがキャップヒットします。当初2ミリオンの予定が、6ミリオンもオーヴァー。過剰になった6ミリオンぶんは、他の選手と契約することはできません。逆に、この6ミリオンのせいでチームサラリー(2003年なら75ミリオン)を超えてしまう場合には、さらに他の選手をクビにしなければなりません。悪循環の始まりです。

このような、いなくなってしまった選手のキャップヒット額のことを「デッドマネーDead Money」と呼びますが、90年代後半大量のデッドマネーに苦しめられるチームが続出しました。Buffaloの場合、2000年から2002年に掛けて、Doug Flutie、Rob Johnson、John Finaなどの「負の遺産」に苦しめられています。「高額のヴェテランを解雇すると、Dead Moneyが発生する」と覚えておいて問題ないでしょう。

「選手が途中でいなくなれば、残額すべて即座にキャップヒット」が原則ですので、引退・トレードのときも同様です。Buffaloは2002年にDrew Bledsoeをトレードで獲得しましたので、Drew Bledsoeのサインボーナス残額すべては、2002年のNew Englandのチームサラリーにキャップヒットしました。

ということで、サインボーナスは最終的に必ずチームサラリーに跳ね返ってきます。だからこそ、サインボーナスを払う際には、充分な注意が必要になります。有能なGMはここのところをわきまえており、主要選手以外のサインボーナスを抑える傾向があるようです。
[PR]
by bufbills | 2005-05-28 00:32 | Salary Cap | Comments(1)

Base Salary=年俸制の基本給

「ベースサラリーBase Salary」は年俸制の基本給でして、契約の時に毎年の金額を決めます。ベースサラリーは、そのままの金額が「全額キャップヒット」しますが、選手を解雇すれば「チームサラリー」から即座に取り除かれます。

ベースサラリーで重要なポイントは、通常は「保証されていない」ことです。例えば「2003年から2009年まで、毎年5ミリオン(約6億円)のベースサラリーを支払う」という契約を結んだとします。表向きは「7年35ミリオン」という大型契約になりますが、2003年終了後に解雇されてしまうと、残りの30ミリオンは泡と消えます。これは選手にとっては困ったことです。7年契約といっても、日本のプロ野球のように「7年間働いてもらう」ことが保証されているワケではないのがミソです。そこで、2005年にホールドアウトを敢行したGBのJavon Walkerは、「球団側が途中で契約を打ち切ることができるのは不公平だ」と文句を言っています。

ちなみにベースサラリーには最低補償額(ミニマム)の規定があり、NFLでの経験に基づいて、漸次上昇する仕組みになっています。とある選手の契約で「ルーキーミニマム」や「ヴェテランミニマム」といった言葉が出てきた場合には、その選手は「最低補償額で働いている」という意味になります。

また、ベースサラリーの実際の受け取り方についてですが、レギュラーシーズンが始まってから17回に分けて分割支給されます。これはつまり、ファイナル・ロスター入りしなければベースサラリーを貰えないということであり、Week17までチームに残っていないと全額手に入れることはできない、ということになります。
[PR]
by bufbills | 2005-05-28 00:31 | Salary Cap | Comments(0)

Adam Terry=OT Baltimore Ravens

「6-8 305 5.18」でTodd Wade似。TSNではOT4番手でドラ2予想でしたが、ドラ2の最後でした。

パワー不足でランブロックが課題。てくにっくは良いのだが、もっとバルクアップが必要。フットワークは良くて、LBを獲りに行く機動力はある。背が高いので腕も長く、パスプロには安定感がある。ブルラッシャーのパワー対策さえできれば、ブリッツのピックを含めて問題はなさそう。

完全に素材重視の指名。3年目あたりから活躍してくれればそれで良いのかもしれません。Jonathan Ogdenを脅かす存在になるのは、大変なことだとは思いますが・・・。
[PR]
by bufbills | 2005-05-28 00:28 | Offensiveline | Comments(0)

Matt McCoy=OLB Philadelphia Eagles

「6-1 230 4.86」でKeith Brooking似。TSNではOLBの8番目でドラ4予想。

1歩目が良くて、すぐにトップスピードに入る。正しい角度でボールを追い掛けて、強く適切なパシュートをする。真面目で練習熱心。しかし、ややサイズ不足で、OLにつかまってしまうと、良さが発揮できない。ブロックをかわすのにも時間が掛かる。一流のスピードはない。

WLBでマンツーマンでつくスピードはなさそうなので、パスカヴァーならゾーンが妥当でしょうか。読みが良さそうに見えるので、個人的にはMLBに転向させて、Jeremiah Trotterの後継者としてタックラーにしてみたいと思います。
[PR]
by bufbills | 2005-05-28 00:27 | Linebacker | Comments(5)

Bryant McFadden=CB Pittsburgh Steelers

「5-11 190 4.55」でSamari Rolle似。TSNではCBの9番手でドラ2予想。

名門Florida State出身。スピードよりはクイックネスがウリで、上半身が強くバンプ&ランが得意。ゾーンの経験も少ないらしい。が、最大のウリはプレイリードで、フットボールのことを良く分かっているらしい。ビッグプレイはさせないが、爆発力がないので本人のビッグプレイも少ない。ランサポートは良い。

ということで、どちらかと言えばSecondaryにスピードや才能を求める印象のあるPittsburghにしては、意外な頭脳プレイヤーの指名、というカンジでしょうか?
[PR]
by bufbills | 2005-05-28 00:26 | Secondary | Comments(0)

Vincent Jackson=WR San Diego Chargers

「6-4 238 4.55」でDavid Terrel似。TSNではWRの19位でドラ4予想。

サイズとスピードのコンビネーションが強力。なかなかのアスリートでジャンプ力もあるので、ダウンフィールドでビッグプレイを決める。密集でもパスを捕れる。ただし、一歩目の爆発力はなく、トップスピードに入るまでに時間が掛かる。ルートランニングの技術を磨く必要がある。

TEのようなガタイがともかく目立つ。Northern Colorado大学というDivisionⅠ-AA出身と言うことで、レベルと経験不足が課題の、将来性重視のピックのようです。
[PR]
by bufbills | 2005-05-28 00:26 | Widereciever/TE | Comments(0)