<   2005年 01月 ( 149 )   > この月の画像一覧

scaryゾッとするほど恐ろしい

If Boston returns to his 98-catch form of 2001, the Miami receiving corps is scary.

scary
恐ろしい、怖い、おっかない、ゾッとするような、驚きやすい。
[PR]
by bufbills | 2005-01-31 21:28 | Idiom | Comments(0)

quirky気まぐれで唐突な, rejectダメ出しされた不良品

They're gambling on Boston, the quirky reject from San Diego and Arizona.

quirky
気まぐれな、急変する、突飛な。

reject
拒絶、拒否・却下されたもの、不合格品、不良品、傷物、廃棄物。
[PR]
by bufbills | 2005-01-31 21:27 | Idiom | Comments(0)

riftひび割れ, coax口八丁手八丁で説得する

Rumors of a rift between Policy and Davis were impossible to ignore, though neither party addressed them. Policy might have been embarrassed about the way Davis did not seek Wolf's advice after Policy coaxed Wolf out of retirement.

rift
切れ目、亀裂、分裂、割れ目、ひび、すき間、不和、食い違い。

coax
説得する、誘導する、人をおだてて・うまく説得して・口車に乗せて~させる、人をまるめ込む、~をなだめて~しないようにする。
[PR]
by bufbills | 2005-01-31 21:21 | Idiom | Comments(0)

supplant追い越して座る

He said Sunday he wants a bigger role in the offense this season, but is not expecting to supplant Martin.

supplant
~の地位を奪い取る、~に取って代わる、~を追い越す。
[PR]
by bufbills | 2005-01-31 21:17 | Idiom | Comments(0)

Ray Brown=OG Washington Redskins

San Franciscoでの印象が強い42歳のOGですが、今のところ来季もWashingtonでプレイするつもりだとか。

彼より年長は、Jerry Rice、Doug Flutieと、MortenとGaryの2人のAndersenだけだとか。ラインマンでこれだけ長く続けるのは相当難しいと思いますので、かなり尊敬に値します。

http://www.nfl.com/players/playerpage/3182
http://www.nfl.com/draft/history/years/1986
モトモトは1986年のSt.Louisのドラ8。このSt.LouisはRamsではなくてCardinalsのほうでしょう。Bo Jacksonが全体1位でTampa Bay、Jim Everettが全体3位でHouston(ちなみにPurdue出身らしく、なんとなくEverettとDrew Breesが重なって見えましたw)。DLではDallasの全盛期を支えたTony Casillasや、San Diegoで永らく名DEだったLeslie O'Neal、OLではBuffaloやIndyやPittsburghで活躍したWill Wolford、Ramsの名OG Tom Newberryと同期というのですから・・・。

何か節制のコツとかあるのかもしれないですね。
[PR]
by bufbills | 2005-01-31 14:08 | Offensiveline | Comments(0)

Alonzo Spellman=DE Chicago Bears

Star-Telegramの記事からです。

92年のChicagoのドラ1のDEですが、1999-2000年をDallasで過ごした後、2001年のシーズン中盤にDetroitを放出された後、NFLでプレイしていません。2002年には飛行機に乗っていて家族を脅かしたとかいう罪で連邦刑務所で16か月過ごしています。実は躁鬱病だったとのことですが、33歳になって現役復帰を考え、アドヴァイスを求めてMichael Strahanに電話しようかと考えているとのこと。

確かDimitrius Underwoodもbipolarだったと思います。Dallasのオウナーは双極性障害を好むのでしょうか? ちなみに先日警官に撃たれて重傷のOaklandのBarret Robinsもうつ病ないし双極性障害と診断されていたようです。この手の選手はアドレナリンが出捲っているときは人間離れした能力を発揮しますが、いったん鬱状態に入ると身体に力が入らなくなるようなので気の毒です。服薬すれば力が出せないでしょうし、やはりコンスタントに活躍することは難しいようですね。
[PR]
by bufbills | 2005-01-31 13:32 | Defensiveline | Comments(1)

Super Bowl

PhiladelphiaとNew Englandの対決になりました。
[PR]
by bufbills | 2005-01-24 15:58 | NFL | Comments(25)

Muhsin Muhammad=WR Carolina Panthers

1405yds、16TDを記録した32歳ですが、3月1日に10ミリオンのサインボーナスを予定しているため、Carolinaからカットされるようです。

もともとOC Dan Henningはラン中心のオフェンス展開が持論であり、「RBにこれだけの怪我人が出ない限り、こんなにパスを投げる予定はなかった」ということのようです。2004年シーズン前に、Steve Smithと巨額契約を結びましたし、HC John FoxもGM Marty Hurneyも、「元のハードノーズ・スタイルに戻すから、Muhammadの出番は減る」と考えている模様。

それにしても、Muhammadには気の毒な話です。これだけの成績を残した選手が解雇される例は今まであったのでしょうか? 芸術的なキャッチで今シーズン最も楽しませてくれたWRがUFA市場に出てくるのですから、32歳ながらかなりの高額契約になるかもしれないですね。3年総額14ミリオン(サインボーナス6ミリオン)とか、そのあたりを予想してみます。
[PR]
by bufbills | 2005-01-19 01:49 | Widereciever/TE | Comments(5)

Mike Nolan=HC San Francisco 49ers

Dennis Eriksonの後任は、BaltimoreのDC Mike Nolanだそうです。

正直言って、この人についてはホトンド知りません。キャリアを眺めてみると、

Pro coach
Denver Broncos 1987-1992
New York Giants 1993-96
Washington Redskins 1997-99
New York Jets 2000
joined Ravens in 2001

ということで、全盛期Denverで3-4をやっていた印象があります。おそらく、Wade PhillipsがDC時代のポジションコーチだったのでしょう。Wade PhillipsがHCになるとNYGに移りますが、この時期のNYGは下降線です。続くWashington時代も良く分からないですし、さらにNYJにいたのはわずか1年です。ただし、Michael Strahanは「彼はJohn Foxみたいなコーチだ。尊敬している」とリップサービスしています。

今年のSan FranciscoのHC探しで奇妙なのは、Dennis EriksonとTerry DonahueというHCとGMの両方を解雇したのですが、GMを決めてからGMにHC人事権を与えるのではなく、HCを決めてから、(HCを上回る権力を持つ?)GMを探す、というチグハグな方針です。ひょっとしたら、GMはHCの手足ということなのかもしれませんが、おそらくオウナーがパワーゲームを回避したがっているのでしょう。ただし、こんなことをしていても一向に良くならないような気がします。
[PR]
by bufbills | 2005-01-19 01:20 | Coach/Front/Agent | Comments(4)

Jim Fassel=OC Baltimore Ravens

55歳のJim FasselがBaltimoreの新OCに決定だそうです。2004年シーズン前にHC再就職に失敗したJim Fasselですが、2004年はBaltimoreオフェンスのコンサルタントのようなことをやっていたとか。前任のMatt Cavanaughを1月3日にクビにしたところで、空いた席になっていました。

2003年にNYGのHCをクビになりましたが、2000年にはスーパーに出ており、そのとき負けた相手が何の因果かBaltimoreです。BaltimoreではKyle Bollerを成長させることが至上命題になりそうですが、果たしてどうなるのでしょうか。

Jim FasselがNYGでやっていたことは、基本的にはTiki Barberのランで、Ron Dayneを使いこなせず、Kelly Collinsのパスもコンサヴァなものが多かったように思います。2000年カンファレンス・チャンピオンシップのMinnesota戦だけ、思い切ったエアーアタックを繰り出しましたが、それまではピンとこないWCOでした。ただし、QBがピリッとせずパワーランに頼る現在のBaltimoreのスタイルに近いと言えば近いですし、合っているのかもしれません。

期になるのは、果たしてJim Fassel本人にオフェンスの才能があるのか否か、という問題です。以前「今はDallasにいるSean Payton(モトモトはPhiladelphia仕込みらしい)がOCで、彼のパスプレイのコールが的確だったから」という噂も聞きました。まずはお手並み拝見という2005年になるかと思います。
[PR]
by bufbills | 2005-01-19 00:56 | Coach/Front/Agent | Comments(0)