Shane Matthews

本来第2QBはTravis Brownの職だったところ、Brownがプレシーズンで2年連続の怪我をしてしまいます。このときJ.P. Losmanも3か月の怪我をやってしまっていたので、急遽QBを補充することになりShane Matthewsに白羽の矢が当たりました。その結果、Travis Brownは不本意にもIR入りさせられ、「Buffaloなんて、やってられないですね」という感情的なわだかまりと共にIndy(でしたっけ?)に移籍しました。

Shane Matthewsは取り立てて長所がないのですが目立つような短所もなく、NFLに長くいるだけあってプレイに対する理解も深いようです。球離れも速くてSackを喰らう危険が少ないのがDrew Bledsoeと比較しての長所でしょうか。Chicago時代のようなショートパス中心が本来のスタイルですが、Lee Evansに30yds強のTDパスを決めたりしていますので、ミドル以上のコントロールが極端に悪くなるということでもないようです。来シーズンBuffaloが再契約を結ぶかどうかは不明ですが、今年1年Mike Mularkeyの下にいたというアドヴァンテージを活かしてヴェテランミニマムで第3QBというシナリオなら、考えられなくもないです。
[PR]
by bufbills | 2005-02-16 14:11 | Bills | Comments(1)
Commented by bufbills at 2005-04-21 14:00
引退が予想されていましたが、1年契約で戻ってくることになりました。第3QBとして、J.P. Losmanの指南役に専念するモノと思われます。

過去10年くらいで考えると、Losman、Holcomb、Matthewsという3人は総合力で考えると一番充実しているかもしれません。
<< Willis McGahee=... Travis Henry=RB... >>