Jason Peters

2004年ドラフト外Rookie FAで加入したOT兼TE。カレッジではTEで、ドラフト時も3巡クラスの評価を与えたサイトもあったモノの、プロのレベルではTEとしてはキャッチング能力が未熟だったため、指名されませんでした。しかし、ウリは圧倒的なフィットネスで、スペシャルチーマーとして大活躍。6-4,328程度の巨体で40ydsを4.90-4.80くらいで走り、類い希な瞬発力でパントブロックを決め、スペシャルチーマーの同僚が「あの巨体であのスピードで走ってくるアイツをブロックしたい選手なんていないよ。チームメイトでホッとするね」と発言するほどで、現にファンブルリカヴァーも記録。まさにパスレシーヴの下手な現代版Eric Green。2004年はTEとOTを行ったり来たりしましたが、フットボール・プレイヤーとしてはかなり荒削りなので個人的にはDTあたりで使うと最も効果的な気がしています。
[PR]
by bufbills | 2005-02-14 22:10 | Bills | Comments(0)
<< Lawyer Milloy Mark Campbell >>