Tom Donahoe=GM Buffalo Bills

BYEだったので、Tom Donahoeについて考えていました。話題作りに長けた、商売人だと思います。

2005年はオフシーズンにDrew Bledsoeを解雇。Young StarのJ.P. Losmanを先発させると明言し、シーズンチケットの売上向上に貢献しました。逆に現在3勝5敗となり、実力的にはプレイオフチームではありませんが、地区優勝の可能性が残っているのでKelly Holcomb先発に固執することになりそうです。「Kelly Holcombが出続けて、プレイオフ出場も逃す」という最悪のシナリオだけは避けて欲しいです。

2004年はJ.P. Losmanの指名を除いて珍しく大きな動きがありませんでしたが、2003年はドラ1で怪我人のWillis McGaheeを指名し、メディアの注目を集めています。さらにFAの目玉だったTakeo Spikesを獲り、Peerless Priceにフランチャイズ・タグを貼ってAtlantaにドラ1で売りつけるなど、結構ムチャなことをポーカーフェイスでやっています。

2002年はドラフト2日目に、ドラ1との交換でNEのスターだったDrew Bledsoeを獲得しています。

ということで、実は球団社長も兼任しているのですが、Buffaloのフロントに深く入りすぎで、チーム作りよりもチーム経営のほうに力を入れ過ぎなんじゃないかと思います。これは、Buffaloのようなスモール・フランチャイズの悲哀だと思いますが、5勝4敗の時点でKurt WarnerからEli Manningに切り替えたNYGのような、先を見据えた決断ができません。FANの目の前にニンジンがぶら下がっていないと、今シーズン後半のスタジアムの客入りは悪くなり、Buffaloの経営が苦しくなるでしょう。NYGとはマーケットの規模が違い過ぎます。

しかし長い目で見ると、現在の長期低落傾向が続けば続くほど、FANの心は離れてしまうと思います。Tom Donahoeにはまだまだ先がありますが、OwnerであるRalph Wilsonに残された時間は少なくなっています。先日、そのNYGのOwnerだったWellington Maraが亡くなって、87歳のRalph WilsonはNFL最高齢Ownerとなりました。今年のチームは運が良ければプレイオフには出れるかもしれませんが、Super Bowlに勝つことはあり得ないと思います。最終的な目標をSuperに置いた決断をするよう、お願いしたいです。
[PR]
by bufbills | 2005-11-09 14:01 | Bills | Comments(0)
<< Neil Rackers=Ki... Duane Starks=CB... >>