3選手がPHIへ

Jim Schwartz人事ということになります。



LB Nigel Bradham、CB Leodis McKelvin、CB Ron BrooksがPhiladelphiaに移籍することになりました。

Nigel Bradhamは2年7ミリオン、サインボーナス1.5ミリオン、です。

2016 BS2.0M SB0.75M CapHit2.75M
2017 BS3.5M SB0.75M CapHit4.25M

サインボーナス1.5Mと、2016年のベースサラリー2ミリオン、さらに2017年のサラリー1ミリオンの計4.5ミリオンが保証されているのだとか。

いずれにせよ当たり障りのないリーズナブルな契約です。Jim Schwartzの指揮下で再び輝きを放てば、契約延長ということになるでしょう。まだ若いので、活躍するほうに一票です。

Leodis McKelvinは2年6.2M、サインボーナス0.5ミリオン、というさらにお買い得な契約になりました。

2016 BS2.5M SB0.25M CapHit2.75M
2017 BS2.0M SB0.25M RB1.2M CapHit3.45M

保証額はサインボーナス0.5ミリオンと、2016のベースサラリー2.5ミリオンの3ミリオンだけです。ロスターボーナス1.2ミリオンが貰えるとはとても思えず、NLTBEのインセンティヴが0.45ミリオンあるらしいのですが、実質的には1年3ミリオンの1年契約でしょうか。フィリーはByron Maxwellをトレードしたので、とりあえずCBを準スターター級で埋めたかったのかもしれません。レオ様としては、BUFに残るとしてもベースサラリー3.9ミリオンからペイカットだったでしょうから、落とし所っぽいですね。一発はありますがCBとしては峠を越えているので、FSとして選手寿命を延ばすことを期待します。

Ron Brooksはスナップ数がわずか54回(そのうち、セカンダリー満身創痍で出番が回ってきた、Tony RomoのいないDallas戦で31回)、4.9%だったのでセカンダリーの選手紹介からハズしてしまいました。今年に関してはホトンド記憶に残っていません。それでも3年5.5ミリオン、サインボーナス0.75ミリオンですから、Leodis McKelvinよりもデプス要員として長く確保したいようです。

2016 BS0.80M SB0.25M CapHit1.05M
2017 BS1.85M SB0.25M CapHit2.10M
2018 BS2.15M SB0.25M CapHit2.40M

保証額はサインボーナス0.75ミリオンと2016年のベースサラリー0.8ミリオンの計1.55ミリオンのようです。いやぁ、活躍するかどうかは分かりません。ただ、Jim Schwartzからの信用があるのかなと邪推します。

みなさん、頑張って欲しいですね(ヽ゜ω゜)ノ
[PR]
by bufbills | 2016-03-16 21:39 | Bills | Comments(0)
<< Dan Carpenterとリ... Chris HoganがNEへ... >>