Richie Incognitoと再契約/RFAテンダーに波乱

インコグと3年15.75ミリオンで再契約だそうです。



詳細は不明ですが、年平均5ミリオンちょっとなのでリーズナブルと言えますし、インコグが働いて問題を起こさなければ、悪い契約とは思えません。とりあえず詳細を待ちます。

また、 Chris Hogan、Corbin Bryant、Jordan MillsにRFAテンダーした一方で、Bacarri Rambo、Ty Powell、Stefan Charlesにはオファーがありませんでした。ランボーになかったのはかなり意外です。セカンダリーのデプスが薄くなっているので、残すものだとばかり思っていましたが、やはり安定感の無さが嫌われたのでしょうか。GM、HC、どちらの意向か分かりませんが、チームサラリーに余裕がないという理由だけでは納得できません。

なんだかなぁですね。
[PR]
by bufbills | 2016-03-09 21:26 | Bills | Comments(3)
Commented by Liger at 2016-03-12 19:07 x
結局マリ夫は同地区のMIAに行くという嫌ーな結果になっちゃいましたね。ウチのCJ引退よりはショック少ないでしょうけど。
ところでウチは、RFAでオファーされなかったStefan Charlesと契約した模様です。B国での3年間はローテーション要員だと思われますが、結構な巨漢みたいで、特に故障歴とかは心配ないのでしょうか?もし印象に残ってらっしゃる点があれば、教えて戴けると有難いです。
Commented by bufbills at 2016-03-14 23:24
Stefan Charlesに関してはarticleを用意しました。答えになってないですが(爆)

Marioは・・・なんだか良く分からないので、まだ記事にする気になれていません。私は結論を出すと凝り固まって評価を変えない傾向があるのですが、Marioに関しては良く分からないのです。Marioという選手は一種のエニグマで、Marioが2015年を全力でプレイしていないことも事実、システムがフィットしなかったことも事実、アタマが軟らかくないのも事実、ドラフト全体1位のアスリートであることも事実、なんだか良く分からない選手なんですね(ヽ゜ω゜)ノ
Commented by bufbills at 2016-03-14 23:51
CJ引退ホントウですか・・・?

皆さん考えることは一緒でしょうけど、バリーのときとカブリますね。現役復帰もなさそうで。まだまだやれそうなのに辞めるのは、ある種の理想の高い人種なんでしょうか。次の人生が決まっているのでしたら文句はありませんが、サラリーキャップが問題の一因になって、真面目すぎる性格故に引退に追い込まれたのだとしたら残念でなりませんね。
<< Chris HoganがNEへ... Corey Grahamとリス... >>