Corey Grahamとリストラクチャー合意/Leodis McKelvinをカット

ついでにCordy Glennはフランチャイズ・テンダーにサインしたらしいです。これは吉報ですね。



Corey Grahamは4年契約の3年目。

2016 BS3.1M SB1.0M RB0.5M CapHit4.6M
2017 BS3.2M SB1.0M RB0.5M CapHit4.7M

細かい数字を抜くとこんなカンジでした。こちらによると1ミリオンちょっとセーブしたらしいので、ベースサラリー3.1ミリオンのうち2.1~2.2ミリオンくらいをサインボーナスに変換したのではないかと想像します。仮に2.2ミリオンなら以下の通り。

2016 BS0.9M 新SB1.1M SB1.0M RB0.5M CapHit3.5M
2017 BS3.2M 新SB1.1M SB1.0M RB0.5M CapHit5.8M

今年のキャップヒットは1.1ミリオン減りますが、来年は5.8ミリオン。Corey Grahamは2016年まででしょうね。シーズン後半はスピード不足でディープを抜かれるシーンも目立ったので、微妙な人事です。

一方、Leodis McKelvinは最終戦のINTなど、ときどきハッとさせるプレイをするので、いなくなるのは寂しいです。デッドマネーが1ミリオンだけで、ベースサラリーぶんの3.9ミリオンを節約できるのですから、現在のチーム事情がなければ残留していたかもと思うのですが、仕方ないですかね。

GM的には、「Corey GrahamとLeodis McKelvin、どちらを残すか?」という問題だったと思います。Bacarri RamboがLeodis McKelvin的な一発狙いで安定感に欠けるので、堅実さを買ってCorey Grahamを残したのだと思うのですが、さてどうなることやら。

[PR]
by bufbills | 2016-03-05 23:15 | Bills | Comments(3)
Commented by bufbills at 2016-03-07 22:19
http://www.buffalorumblings.com/buffalo-bills-news/2016/3/5/11165822/corey-graham-contract-restructure-details-buffalo-bills-save-600k

Corey Grahamのリストラクチャーはもっと軽いものでした。上記によると、ロスターボーナスの0.5ミリオンと、LTBEのインセンティヴ0.7ミリオンを計1.2ミリオンのサインボーナスに変換したらしいです。従って、2016と2017に0.6ミリオンずつキャップヒットします。実質的には、0.6ミリオンぶんしかセーブできなかった模様。

なんだか中途半端な動きですね。金庫番の考えが私には理解不能です。
Commented by SLEEP at 2016-03-10 19:55 x
Graham安いですね
うちは同期入団のスターターCBが二人いて、一人は一巡下位指名の準プロボウラー、もう一人は三巡指名の堅実な二番手で準プロボウラーの方が流出ですよ、頭おかC
そりゃ年平均10Mも出したくない事情はわかるけどさ

Leo様L.Aに興味ありませんかね?どーせ来年もSEA、ARIは馬鹿みたいに強いんだから安定感なくても一発やってくれる選手がいいです
Commented by bufbills at 2016-03-14 23:18
レオ様など3人がフィリー行きのようです。南無阿弥陀仏。なんだかなぅ。

BUFにカネがないので興味が無いとも言えるのですが、FA情報に出遅れていますので、おいおい追い掛けます(ヽ゜ω゜)ノ
<< Richie Incognit... Mario Williamsを... >>