2015 Week14 Buffalo@Philadelphia Preview

LeSean McCoyが初めて古巣に帰還するゲームです。



まずはtransactionから。TE Matthew Mulliganを放出してPSからTE Nick O'Leary(今年のドラ6)をロスター登録しました。O'Learyに他チームからオファーがあり、これを阻止するための措置だったようで。Mulliganの放出は大歓迎ですが、ここまでPSの新人TEがどれだけ活躍できるのかあまりにも未知数です。さらにLB Tony StewardがIR入りし、PSからA.J. Tarpleyを再びロスター入りさせています。PSの空いた二枠はC Ronald PatrickとTE Marcel Jensenだとか。

OUT確定はKarlos Williams、Stephon Gilmore、Ron Brooks、Nigel Bradhamの4人。Aaron Williamsも練習には戻っていますが、もともと引退危機クラスの頸部の怪我だったようで、今シーズンはプレイしないでしょう。John Miller(ankle)はquestionableですが出れそうとのこと。Jordan MillsとSeantrel Hendersonはプレイングタイムを分けそうとのこと。Chris Hogan(knee)、Charles Clay(knee)、Mario Williams(hand)がprobableです。

最後の4週間は、開幕時スターターだったAaron WilliamsとStephon Gilmoreを欠くことになりそうで、セカンダリー陣の奮起が望まれます。とは言うものの、Aaron Williamsの穴は埋まっている印象で、Stephon Gilmore離脱の影響が大です。Jordan Matthews(2014年のPhiladelphiaのドラ2、全体42位)にはRonald Darbyが付き、先週後半に引き続き相手チームのエースレシーバーとの対決になるでしょう。Jordan Matthewsに圧倒的なスピードはなさそうですが、6-3という身長が厄介です。5-11のRonald Darbyが「ハイボールに競り負ける」というパターンは繰り返して欲しくないですね。個人的な予想では、Nickell Robeyはスロット要員に留まり、Leodis McKelvinがスターター昇格ではないかと。Nickell Robeyがスターターで、Leodis McKelvinがニッケルバック、よりは安定するような気が。

Sam Bradfordは見てないので正直良く分かりません。なので、元ネタ1に頼りましたが、かなりハイテンポな攻撃をしてくるらしいです。ultra-fast-paced offenseとかhyper-speed offenseとか言われていますので、これは今年のウチのディフェンスにとってはズルズル進まれる悪いパターン。Oregon大からChip Kellyが持ってきたスキームは、止めるのが難しいのだとか。Ronald Darbyは「オレゴンと試合したことあるけど、ラインアップさえ間に合えばなんとかなるよ。ラインアップが間に合わないとヤ・バ・ス」とのこと。先週Buffaloは選手交代が間に合わずTDを喰らっていますが、まさにそれが狙いのようで、要はタチの悪いノーハドルのupgrade版ですかね。元ネタ2によれば、平均23秒で次のプレイをしてくるので、他のどんなチームよりも4秒以上速いのだとか。Rex Ryanの腕の見せ所でしょうね。コレにやられるようでは、本当にただのビッグマウスです。DeMarco MurrayよりもDarren Sprolesに気を付けろ、とかも言われていますが、どうなんでしょう。全く分かりません。

オフェンス。そろそろ爆発して欲しいです。LeSean McCoyが100yds、Sammy Watkinsも100yds、Charles Clayが50yds、他のメンバーで100yds、Tyrod Taylorで50yds、てなカンジで30点以上取ってくれれば、勝機があるのではないかと。敵地ですし、向こうも5勝7敗ながら地区優勝が懸かっているのでシビアなゲームですが、今年のチームが本気でプレイオフを狙うのなら、オフェンスが破壊的になる以外にないのでは? とりあえず、今いるメンツ、特にRobert WoodsとChris Hoganの2人から最大のoutcomeを引き出すスキームが求められます。その意味で、Greg Romanの踏ん張りどころ。ディフェンスは牽引力にはなりそうにありませんし、Rex RyanもDennis Thurmanもデキの波が激しすぎます。

6勝6敗でプレイオフは首の皮一枚状態に変わりはありません。勝つのが最低限、PittsburghがCincinnatiに負けることも重要です。そのBengalsに匹敵するくらいの、「Billsは攻撃が切り札」とNFLに宣言するようなゲームを、そろそろやってくれないでしょうか。Let's Go, Shady!

●追加
Coffee With the CoachではRex Ryanが「スペシャルチームに注意」と話しています。Manny Lawsonが賞賛されているのは意外でした。
[PR]
by bufbills | 2015-12-12 23:49 | Bills | Comments(4)
Commented by Liger at 2015-12-13 21:57 x
感謝祭でウチに惨敗した時のPHIであれば、B国の勝ちはまず動かないと思うのですが、その翌週にあのNEから金星挙げたりしてますので、ほんとよく解らない相手ですよね。相性もあるのでしょうし、その時の調子やめぐり合わせみたいな面もありそうです。ハイテンポで攻めてくる相手オフェンスをピシャリ抑えて連続3凡喰らわしてやれば、PHIのD♯が出ずっぱりになって持ち堪えられず、B国が一気に大量点というのが一番理想的な展開でしょうね。B国D♯の準備と頑張りに掛かってる気がします。祈・必勝
Commented by バームクーヘン at 2015-12-13 22:45 x
ドラフト時は指名出来て儲け物だと絶賛されていたのに何故か開幕前にはカットされてしまったオリアリーですが
ここにきてロースターに昇格したのは単に引き抜き防止という意味に止まらずショートパスの受け手が必要だとローマン辺りからのリクエストがあったのではと勝手に妄想しております
スプロールズ、怖い相手ですよね。
気が付けはベテランの域にある筈なのですが怪我も少なく走りに衰えの兆しも感じられず
出場機会が限定されているのを差し引いても往年のバリー・サンダースに匹敵する鉄人ぶりです(彼のプレーを見る度にスピラーにあれぐらいのカットバックの柔らかさがあればなあと嘆息しておりました)
Commented by bufbills at 2015-12-13 22:46
イーグルスのことは全く分かりません。10年以上観ていないような気が(爆) 最後に見たのは、Donovan McNabbやBrian Dawkinsがピンピンしていました。

Ligerさん、怨念よろしくお願いします(ヽ゜ω゜)ノ
Commented by bufbills at 2015-12-13 23:00
>バームクーヘンさん
オレアリーはカレッジでは高い評価を受けていたようですが、プロではイマイチだったみたいですね。本人は「ブロッキングを鍛えていた」とか言っていましたが、シュアーハンドを買われての指名ですよね? スピードも確か40ydsが4.93くらいで縦にも行けないので、ゴールライン・オフェンス要員でしょうか?

スプロールズは確かチャージャースにいましたよね? トムリンリンのバックアップだったような。浦島太郎に優しい選手で助かります(爆)

ミッチ・モースは大学ではタックルだったらしいですね。天性のフィットネスのある選手がセンターに転向すると、化け物クラスになる典型例でしょうか? ブルース・マシューズとかそんなタイプだったような。

ともかく楽しみを来週まで持ち越すために、イーグルス戦は頑張って欲しいですね。
<< AFCプレイオフ展望 befo... 2015 NFL WEEK14 >>