Dan Carpenter=Kicker Buffalo Bills

ロン毛さんが髪を切りました(爆)



c0024288_23561081.jpg
今シーズン既に4つのエクストラポイントをハズし、キックオフはJordan Gayに任せるという頼りないキッカーにして、今現在クビにしたいランキング第1位がDan Carpenterその人です。解雇されないのは、もっぱら「ストリートにマシなKickerがいないから」という消極的な理由と言われており、なんとも情けない状況になっていたのですが、ケジメを付けたのでしょうか、やってくれました。思ったよりもイケメンです(爆)

6-2,228。Montana出身で8年目の30歳。最初はUDFAでMiamiに加入します。2010年には60ydsのFGを決めたことがあり、キック力がないわけではないようです。その後、Caleb Sturgis(2013年のMiamiのドラ5、現Philadelphia)との競争に負けて、2013年シーズン前に解雇されてしまいました。そのままArizonaとNYJを短期間で渡り歩き、Buffaloに漂着します。Rian Lindellに代わってスターターに指名されたDustin Hopkins(2013年のBuffaloのドラ5、現Washington)が怪我をしてIR入りしたためでしたが、Dan Carpenterは翌年も生き残って現在に至っています。

キッカーの世界は独特です。昨日、ポジションを奪った相手に、今日は取られて、明日は直接対決する、そんなことの繰り返しです。Ryan Fitzpatrickもヒゲを剃ってから好調のようですし、Dan Carpenterもゲンを担いでなんとか盛り返して欲しいですね。

[PR]
by bufbills | 2015-12-09 23:56 | Specialteamer | Comments(2)
Commented by Liger at 2015-12-10 04:57 x
なかなか男前ですが、こうも人相が急激に変わってしまうと、抱かれているお子さんが「うわっ、誰このオジサンは」と吃驚して拒絶反応とかしないのでしょうかね?

昨季レギュラーシーズン最終週で、悲願の@ランボー勝利で、これも21年ぶりだかの(現在の地区制になってから初の)地区優勝目指したものの、ロジャースにやられ、スーの脚踏み事件等もあり、敗戦。
なにくそ、それなら次のWC一回戦に向けて験直しにと、年末の寒い中、1㎜カットの坊主頭にしたのですが、結局DAL相手にあの疑惑の判定もあって敗戦。24年ぶりのプレイオフ勝利をも逃し、結局自分自身は風邪をひく有様でした。だから気分は変わるかもしれないが、縁起担ぎや験直しには殆ど効果がないというのが、自分の経験則ですね。
Commented by bufbills at 2015-12-11 22:33
まあ、何もしないよりは、いいですかね(笑) 一応、「申し訳ない」という意思の現れなのでしょうし。事の真相は、奥さんが赤ん坊の髪を切って、そのついでにカーペンターのも切ったっぽいのですが(爆) 

坊主頭にするなら、夏のほうが良さそうですね。グリーンベイの掃除は来年に期待ということで(ヽ゜ω゜)ノ
<< Manny Lawson=OL... AFCプレイオフ展望 afte... >>