2015 Week11 Buffalo@NE Result

13-20で負けました(結果)。怪我人が続出したのが気になります。以下、とりあえずgamepassで見たままの感想です。調べて分かったことがあったら適宜追加ということで。



Tyrod Taylorは「B-~C+」(前半A-、後半C-)くらいのデキだったと思います。ターンオーヴァーを犯さなかったので、ゲームを壊してはいません。前半は、1stダウンと2ndダウンをLeSean McCoyの中央のランを捨てプレイにして、3rdダウンはChris Hoganで勝負というシンプルなプラン。大きかったのは第2Q終了間際のLeSean McCoyへのパス。通っていれば10-3でしたが、LeSean McCoyがこれを取れず、その後Dan CarpenterがFGをハズし、その後Tom Bradyにドライブされて3-10となりました。Russel Wilsonとの比較がされていましたが、まさにそんなカンジでスクランブルからRobert Woodsにパスを通したりしています。Chris Hoganが抜けたときにショートしてインコンプリートになったプレイ以外は、コントロールは良かったと思います。

後半は一転してパッシングモード全開のストレッチ・オフェンス。ディープに投げながら、チェンジオブペースでLeSean McCoyのアウトサイドのラン、というプランでしたが機能したのは最初のドライブだけでした。Charles Clayにも難しい山なりのパスを通し、LeSean McCoyのTDランにつなげています。その後はかなり停滞気味。3rd&1をタイムアウトして、左へのQBスイープという選択もありましたが、Cordy GlennがChandler Jonesをブロックできずマイナスゲインという目も当てられない結果に。際どいパスが微妙なコントロースミスで通らないシーンがしばしば、コンテインに苦しみ、スクランブルからのランは上手く機能せず、パスラッシュもコンテイン気味にポケットを全体的に小さくされてサック、という状況を打開できませんでした。このあたりは背の小ささが響いています。左サイドを見続けて、そのまま投げるようなシーンも散見され、総じて、Tyrod Taylorによる純粋なエアーアタックには(少なくともNE相手では)限界がある、という印象です。やはり、ラン・ザ・ボールで先行する展開に持ち込み、Tyrod Taylorのパス回数を減らさないと苦しいかと。

前半はアウトサイドのランをコールして貰えず、インサイドに集中してわずかなゲインに留まったLeSean McCoy。真ん中のランは伝統的にパッツが強いところなので、コンスタント出せなくて当然、実質的なデコイ役でした。前半終了間際のキャッチができなかったのは大きなマイナス。後半開始早々は水を得た魚のようにアウトサイドを走り、Kraig Urbik(John Millerが怪我をしました)の右へのプルアウトから同点につながるTDラン。しかしその後は味方のランブロックのまずさと、NEのコンテインの良さでアウトサイドを封じられ、効果的なゲインを得られませんでした。Karlos Williamsは出番も少なく、連続TD試合の記録もストップ。中央を突かせたり、OCが使い方を間違っていると思います。Jerome FeltonはいきなりオープニングドライブでJarod Mayoをブロックできず、第4Qの3rd&ショートでもMayoを取れず、FBとして雇っている意味が分かりません。腰高でクイックネスに欠けるので、FBとしての基本的な動きができていない印象です。

レシーバー陣。Chris Hoganが活きるのはやはりアウトサイドのようで、ディープにさかんに走っていました。スロットにRobert Woodsで、短いパスを獲ったり獲らなかったり、それなりの活躍です。Sammy WatkinsはMalcom Butler相手に目立ちませんでした。ディープに走ってもTyrod Taylorからのボールがイマイチで、先週のDarrel Levis以上に苦戦しましたが、それでも第4Qは驚異のワンハンドキャッチでダウン更新、最後のドライブも4thダウンでギリギリのキャッチ、試合終了になったプレイもしっかり外に出て時間を止めています(オフィシャルのおかしな判定でインバウンズにされました)。Charles Clayを効果的に使えていない、最近の傾向は変わりませんでした。

OL。ランが出ませんでした。LeSean McCoyが20回82yds(27ヤードのTDランを除けば平均3yds以下)、Karlos Williamsが6回11yds。Tyrod Taylorが4回1yds。パッツの3-4のDLが横にしっかり動き、ギャップを突いて上がってくるLB陣の速さと強さに苦しんだ印象です。Seantrel Hendersonはブリッツのピックもパスプロ(Rob Ninkovich相手)もかなり苦しかったと思います。毎度のことで、スクリメージでアドバンテージを得るのは何年後になるのでしょうか。

ディフェンスは全体的に改善していました。Week2よりもかなり積極的にブリッツとディスガイズを繰り出し、一方で3メンラッシュからのゾーンカバーも交えて、なるべく的を絞らせないような工夫が感じられました。特にブリッツの成功率が高く、サックに至らないまでもTom Bradyにプレッシャーが掛かっています。後半NE最初のドライブ、審判の不可解なコールもあって自陣40ydsまで進まれましたが、3rdダウンでNigel Bradhamのブリッツが効いて、GostkowskiもFGを右にハズしました(前半のDan Carpenterと同じような軌道で風のせいでしょう)。これでモメンタムを取り戻せたと思います。ただし問題はやはりAmendola(9回117yds)。Bacarri Ramboが怪我をした直後、オールアウトブリッツでDuke Williamsがアサイメントミスでマンカバーをしなかったため、Amendolaにロングゲインを許しました。Gronkowskiは2回37ydsに抑えたので良くやったほうでしょう。

Marcell Dareusはいつもよりもスクリメージを突破し、RBの走路を限定させ、かなり良かったと思います。ダブルチームが少なく1対1が多かったのでしょう。怪我の状況が気になるところ。Jerry Hughesはアウトサイド・ラッシュが復活してきたようで、ギリギリのプレッシャーが多かったです。後半はそれが加速して、Cannonのホールディングを招いてロングゲインを阻止するなど見せ場が多く、あと一歩届いていればサックorファンブル・フォースから試合の流れを変えることができたでしょう。Mario Williamsは後半姿を見せず、やはりどこか悪いのでしょうか。Alex Carrington、Stefan Charles、Corbin Bryant、IK Enemkpali、あたりはいつも通り可も無く不可も無く。Manny Lawsonがプレイングタイムを増やしているように思えました。今年やられっぱなしだったスクリーンに対しても、DL全体のケアーが行き届いていたと思います。

LB陣は見せ場が多かったとは言い難いですが、前述のNigel Bradhamの良いブリッツの他、Preston Brownもブリッツ、タックル、パスカバーで比較的安定していました。このユニットからビッグプレイが生まれるようになれば、だいぶ違うとは思うのですが、デプスがないので怪我せずプレイするほうが優先で、多くを望むのは酷かもしれません。

Tom Bradyを20/39で277ydsの20点に抑えたのですから、セカンダリーは頑張りました。Stephon GilmoreはGronkowskiをカバーして活躍させず、INTも奪いました。Ronald Darbyも引き続き頼もしいデキ。Corey GrahamはタックルミスでTDになりましたが、ディフレクトでINTを誘発するなど、総じて良かったです。Duke Williamsのミスは痛かったですが、致命傷にはならなかったと思います。

スペシャルチーム。10-17のシーンで、Leodis McKelvinはパントリターンで痛恨のファンブル。何回目でしょうか。Dan CarpenterもFGを1本ハズし、流れを持ってこれませんでした。

Rex Ryanはタイムアウトの使い方が気になります。NYJ時代からも言われていたようですが、タイムアウトが残っていれば最後のオフェンスにもう少し希望が持てました。ゲームプランの70%は実行できたのではないでしょうか。Week2よりは競った試合になりましたが、NEとはまだ実力差があるようで、競った状況を打開するための方策が具体的に不足しているために、負けるべくして負けたゲームでした。端的に、Sammy Watkinsをもっと使うべきだったと思います。パントみたいなものだとだと割り切って、INTされても良いのでディープにもっと走らせて投げるべきでしょう。が、今回はRex Ryanに対する文句はホトンドありません。良く準備していたと思います。

これで5勝5敗になりましたが、この1敗は計算済みで、ここからが勝負になります。同じ5勝5敗で並んだKCとHoustonとの連戦が待っています。プレイオフに出るためには、この2試合を連勝することが必要ですが、両チーム共に調子は上がって来ています。

[PR]
by bufbills | 2015-11-24 21:01 | Bills | Comments(11)
Commented by Liger at 2015-11-25 05:19 x
今のNE相手にあそこまで競った試合できるのは、「相性のNYG」と「怨念のBUF」くらいでしょう(笑)。でも両チームとも負けてしまいましたが、やはり足りなかったのが実力でしょうかね。
仰るとおり、先行してラン・ザ・ボールでゲームをコントロール出来ていればなと感じました。ただ前半終了前のあの流れ、McCoyへのTDパス失敗⇒FGもアップライトに弾かれ失敗⇒返す刀でNEにTDまで行かれてと散々な流れで前半を終了したのに、後半直ぐに相手のFG失敗に付け込んで同点に追いついた辺りは流石だなぁと感じましたよ。ただその後については確かに力の差、持ってる手札の差が出て手詰まりになってしまいましたが。
これからはもうプレイオフだと思って一戦必勝、何とか生き残って「ぷ」進出を決めて下さることを祈念申し上げます。
Commented by ye13 at 2015-11-25 07:59 x
はじめまして。びるずだいなすてぃさんのブログで紹介されているのを見て以来、いつも拝見しております。管理人様の事前の予想通り、Amendolaにやられましたね。あれだけ球際に強いとどうにもなりませんね。セーフティ交代後の一発だけが勿体無い。ただ仰られる通りディフェンスにこれ以上の出来を望むのは酷で、問題はオフェンスですよねー。中、外のランで左右に相手をストレッチすることで活路を見出そうというプランに見え、ShadyのTDはまさにそれが嵌った形で良かったのですが、その後の展開が特に無かったですね。もっとLBの後ろ、Sの前のゾーンへのPostパターンやIn、Hookなど、LBを前後に振っていかないとあれではランファーストになってしまい、今のビルズOLが力勝負でこじ開けるのは無理でしょう。3Qまでにランの意識を植え付けて、4Qに裏へのパスで一気に刈り取りにいくと見せかけて4Qに入ってもまだランをコールし、どれだけ種を植え続けるんだと・・・ちょっとローマンのプレーコールは香ばしい感じがしてきますね。
長々すみません。まだプレーオフの可能性は十分残っているので、もどかしい思いを噛み殺し引き続き応援していきたいと思います。これからも記事楽しみにしております。
Commented by バームクーヘン at 2015-11-25 20:46 x
タイロッドは体格もプレースタイルも悪い意味で往年のコーデル・スチュワートソックリになってきましたね
意外に判断が遅くて一旦オフェンスが膠着した状況になると自力で立て直す事が出来ない所なんかそのまんまです
ローマンのプレーコールですけどやはりSF時代のイウパティ、グッドウィン、ブーンみたいな強さと巧さを兼ね備えたインテリアラインメンがいないと機能しないのかもしれませんね
Commented by バームクーヘン at 2015-11-25 21:05 x
守備はちょっと的外れな見方かもしれませんが今のコーチ陣の趣向に合うLBの補強が急務に思えます
ブラッダムは頑張ってはいますがやはりこの人は4-3固定のスキームで本領を発揮するタイプですね
明らかに昨シーズンの方がのびのびとプレーしていました
今PITのローレンス・ティモンズのみたいにAll Purposeな動きが出来る選手がいればウチのディフェンスも一気に完成度が高くなると感じるのですが
Commented by bufbills at 2015-11-25 22:45
>Ligerさん
私もマッコイのTDランで同点に追い付いたときは「今日は勝てる」と思いました。が、その後はgdgdなオフェンスを見せられ、アメンドーラの切れ味の違いをまざまざと見せつけられ、「この一敗は計算済み」と淡々と観戦するように心掛けました。そうしないと身体に悪いので(爆) 実力をもう少し伸ばしてプレイオフで再戦できることを夢見ています。

遅くなりましたが、D国の連勝おめでとうございます。これでドラフト上位指名権が怪しくなってきましたね(ヽ゜ω゜)ノ
Commented by bufbills at 2015-11-25 22:45
>ye13さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

私もローマンのプレイコールのクセの強さには参りました。1stと2ndダウンはランを中心に適当にコールして、3rdダウンをタイロッドの機動力とパッシングで打開、というシチュエーションが多過ぎます。3rdダウンまで持ち込まずに、早めにダウン更新するオフェンスを期待しているのですが、なかなかそういうプレイコールをしません。3rd&ショートをランで取るパワーもないような現状では、3rdダウンまで行ったらドライブが止まるリスクが高いと思うのですが、そういうリスクを意に介さないかのようなOCです。明らかにタイロッドに負担が掛かり過ぎだと思います。そもそもタイロッドはスターター1年目ですし、ある程度「育てる」意識でストレスフリーにプラニングして欲しいのですが、そういう気配りは皆無ですね(笑) 

とりあえずBSで前半戦だけ見直したのですが、ワトキンスに関しては、明らかにダブルカバーされてましたね。アウトサイドから内側に入ってくる10yds以内のパスプレイ(クロスやイン)でも、マンカバーしたディフェンダーの他に、スロットについていたディフェンダーが残って、ワトキンスをハサミ撃ちにしていました。そのおかげでホーガンが抜けることが多かったと思います(1対1で結果を残したホーガンはステップアップしたと思います)。で、ワトキンスがカバーされたときに、LBとセイフティの間のゾーンに走り込んでキャッチできるレシーバーがいないんですよね。それっぽかったのは、クレイへの山なりのパスくらいだと思います(ちょっと短いパスでしたが)。ウッズがポストやスラントで入っていくには少し身体の強さが足りなくて荷が重そうなので、結局クレイあたりが掻き回して欲しいところですが、どういうワケか最近ターゲットになっていません。

長い文章大歓迎です(笑) 一人でやるには限界がありますので、気づいたことを是非遠慮無くビシバシ指摘してください。今後ともよろしくお願いします(ヽ゜ω゜)ノ
Commented by bufbills at 2015-11-25 22:47
>バームクーヘンさん
タイロッドの後半は良くなかったですね。大事な3rdダウンなどでは、レシーバーを1,2,3とターゲット順に変えながら見る、ということができないようです。ワトキンスを見続けて、ともかく投げて結果は神のみぞ知る、なんてことの繰り返しになりそうで。NYJ戦の2ミニッツ前後のドライブも成功はしましたが、all or nothingのワトキンス決め打ちパスでした。

コーデルのほうが脚力があると思いますが、パス能力はタイロッドのほうが上だと思います。さすがに「コーデルと同じ」は実質スターター1年目のQBに可哀想かとw ただ、仰られる通り、ポケットから動かないときの判断は遅いですね。背が小さいのが災いして(6-1)、物理的に見えていないんじゃないかと想像しています。だとすれば、ロールアウトを積極的に使うべきだと思うのですが、3-4が相手だったり、NEみたいにエッジラッシャーのコンテインが良いチームが相手だと、リスクが高くて簡単には使えないのかな、と思いました。グレンやヘンダーソンのフットワークがもっと良ければ、別かもしれないのですが、そのあたりがベリチックの戦略の上手さなのではないかと。

キャパニック全盛期のナイナースのOLに関しては全く無知でスミマセン。ただ、センターのウッドに関してはガッカリしています。インコグとミスコミュニケーションでいったんダブルチームにいった選手を2人とも離してしまったり、トラップブロックからLBを取りに行ってもブロッキングがともかく淡白で。

LBに関してですが、確かに2年前はall purpose型のキコが大活躍でしたね。今のPreston BrownやNigel Bradhamはそのレベルには届いていないようで、現時点では純粋カバータイプのLBですね。一方で、近年のNYJのLB陣になんでもできるversatileなLBがいたかというと、そこまででもないような気もします。レックスがLBに何を求めているのか、私にはまだ良く分からないのが現状で。ただ、これだけデプスがないのに補強しないので、あまり重要視していないのかなぁ、と邪推したくなります。

私ならクレイ・マシューズですかね。インサイドもアウトサイドも、ガッツリ働いてくれそうです(爆)
Commented by kechami at 2015-11-26 09:27 x
負けて残念でしたが
詳しい解説ありがとうございました。
来週も楽しみにしております。
Commented by バームクーヘン at 2015-11-26 21:34 x
>背が小さいのが災いして(6-1)

私はフルーティー信者だった事もあってQBの身長をネガティブに捉えるのは好きではないんですよ
それこそブリーズなんかタイロッドより小柄ですし嘗てのスティーヴ・ヤングやマクナブだってサバ読みが露骨で実寸6-0前後しか無かった訳ですし私が例えに出したコーデルも公称は確か6-1でした
願望込みの話ですがブリーズの様にdecision makingと所謂空間認識力と(村田斉潔さん言う所の)durabilityを磨いてTDと勝利数さえ増やせば
誰もタイロッドの身長がどうこうなんて問題にはしないと思いますよ
Commented by bufbills at 2015-11-26 23:14
>kechamiさん
コメントありがとうございます。

書き込んで下さる方はなかなか濃いメンバーが多いのですが、kechamiさんのような書き込みもまた涼風のような麗しさがあり、嬉しい限りです。

ちなみにこちらからの質問を許して頂ければ、kechamiさんはBSの放送をご覧になりましたでしょうか? NEに負けましたが、このゲームのビルズのMVPは誰でしょうか? 数字的には82yds走って41ydsをレシーブで稼いだマッコイなのですが、TDパスを取れなかったですし、ランもコンスタントに出ていたとは言い難いところがあります。他に攻撃の候補を探すと95yds稼いだホーガンですかね。一方でディフェンスだと、ジャンプして凄いディフレクトの他INTも決めたギルモアとか、明確な数字には出ていませんがギリギリのプレッシャーを掛け続けたヒューズとかもあるかな、と思います。誰を選ぶか、答えはなくて好みの問題だと思いますが、そのへん教えて頂けると、傾向と対策ができるので助かります(笑)
Commented by bufbills at 2015-11-26 23:17
>バームクーヘンさん
確かに、あくまで身長はfactorの1つであって、それ以上でも以下でもないですね。ただ、なんとなく小さく見えるので、ひょっとしたらタイロッドもサバ読んでるんじゃないかと思ったりしましたw

ブリーズはパデュー出身でしたか、カレッジのときからレシーバーの多いフォーメーションでガンガン投げていたんですよね。ところが、タイロッドはヴァージニア工科大、有名な先輩はあのマイケル・ヴィックということで、決してプロ向きパッサーを育てるシステムではないですよね。カレッジ時代のパスの成功率も60%を越えた年はなく、数字だけから考えたらEJマニュエルのほうが遥かに良いパサーです。JPロスマンみたいな散々な結果になってもおかしくないと思うのですが、ボルチモアでどういう教育を受けたのか、こんなノーコンQBがここまでそれなりの結果を出していることに私はかなり驚いています。

ただ、よりピュアーなパッシング能力が求められるショットガンだったり、ポケットから動かなかったり、大事な3rdダウンでは、レシーバーが見えていないですね。もちろんレシーバーがフリーになりきれてなかったり、他の要素もあるんでしょうけど、3番手や4番手のレシーバーを探すよりは自分でスクランブルしてしまおう、という意識が強いのでしょうかね。マクナブは最初スクランブラーでしたが、少しずつパッシング能力を高めて、プレイオフの第4Qの4th&16を通すとか、そんなシーンがあったかと思います。

タイロッドがパサーとして成長できるのか、それともスクランブラーとしてディフェンスを掻き回したほうが良いのか、タイロッドの今後の方向性、それが問題なのかもしれませんね。
<< AFCプレイオフ展望 afte... Chris Hogan=WR ... >>