2015 Week9 Miami@Buffalo Preview

3勝4敗どうしの対決です。

Tyrod Taylor、Sammy Watkins、Karlos Williams、John Miller、Seantrel Henderson、あたりが戻って来るようです。Percy Harvin、Kyle WilliamsはOUTのまま。ただし、Sammy Watkins(ankle)、控えLBのAJ Tarpley(concussion), Corey Graham(groin)、そしてMario Williams(knee)は木曜日の練習が限定的な参加に留まり、コンディションは微妙なようです。

MiamiはDE Cameron Wakeがアレキス腱断裂でシーズンアウト。OT Ja'Wuan Jamesもつま先の怪我でダメとのこと。他は、WR DeVante Parker、DB Jordan Kovacs、LB Neville Hewitt(Hamstring)、CB Brice McCain(Knee)、LB Koa Misi(Foot)、LB Spencer Paysinger(Shoulder)、RB Damien Williams(Thumb)、あたりが怪我を押しての出場となるかならないか、微妙なところ。

前回Week3との最大の変化はHCの交代。Week4終了後にJoe PhilbinからDan Campbellに代わり、チームがガラリと変わったと言われています。元MiamiでTEコーチ時代のCampbellを知るCharles Clayは、「彼はタフ。『体調100%なら誰だって良いプレイができる。肝腎なのはそうでないとき、その選手の本当の性格が分かるんだ』って教わった。39歳でまだマッチョだから、今でもプレイできるんじゃないかな」とのこと。こちらの記事では、Rex RyanがオフシーズンにDan Campbellを雇うためにインタビューしようとしたらMiamiに断られた、と伝えられています。どうにもモチベイターtypeの男臭い人物のようで、前回よりも厄介な相手になっていることは間違いないでしょう。

DCのDennis Thurmanが木曜日に"it's really probably a handful of plays that have really hurt us."と語ったとか。カウンターのランはその1つではないでしょうか。昔、Thurman Thomasが得意にしていた、いったんステップを切った反対サイドにOLを2人持ってくる遅いドロー気味のランプレイですが、全然止まる気配がありません。JAX戦でも、3rd and 1で繰り出され30ydsくらいのゲインになり TDを喰らいました。今現在のDLは自由度も低く、ハッスルも不足しているので期待できず、ブリッツで潰すか(プレイコール下手)、LBが読みで止めるか(Preston Brownの成長待ち)、となりそうですが、さて。今回のMiami戦に関しては、とりあえず3rdダウンでWR Jarvis Landryをどう止めるか、visionが用意されていればマシかなと思っています。

Uglyでもいい、hardに戦って勝って欲しい、「ぷ」に向けてソロソロ熱の入る中盤戦になって参りました(ヽ゜ω゜)ノ
[PR]
by bufbills | 2015-11-06 21:27 | Bills | Comments(2)
Commented by Liger at 2015-11-09 06:59 x
取り敢えずは5割復帰おめでとう御座いました。
Commented by bufbills at 2015-11-09 21:48
ありがとうございます。Miamiに怪我人が出ていなかったら、結果は反対だったかもしれません。LBの人材難はMiamiもだな、と思いました(ヽ゜ω゜)ノ
<< 2015 NFL WEEK9 AFCプレイオフ展望 afte... >>