2015 Week6 Cincinnati@Buffalo Result

21-34で完敗でした。このチームに自信を持つことは無理で、プレイオフが遠退く敗戦です(結果)。

21点取ったEJ Manuelは及第点でしょう。問題はディフェンスで劣化が酷く、特にDL陣は噴飯モノ。サックゼロでAndy Daltonが22/33の243yds3TDでした。パスラッシュが全く掛かりません。

Marioは「4メンラッシュならなんとかできるんだよ。でも、幾つかのコールでは4メンラッシュじゃなかった。3メンでもQBに早く到達できるような方法を見つけなきゃ」みたいなことを言っています。早いハナシが新システムへの転換が上手く行ってません。「去年のJim Schwartz下のほうが、4-3baseでワイドにセットしていて、4人で思いっきりラッシュできていた。ところがRex Ryanの3-4だと、DLはブリッツ用のホールを作る動きを要求され、それが機能していない」みたいなことを言っています。2013年にMike Pettine下でこの3-4を経験済みのハズですが、どうなんでしょうね。

カネ掛かってますからね。特に、今年新契約のJerry HughesとMarcell Dareusの若い二人がサッパリ。システムが悪いのか、選手個人の働きが悪いのか、まだ判断尽きかねるところがありますが、どっちもダメなんじゃないかと。カバレッジが頑張っていてもパスラッシュが来ないので、Daltonにはフリーになるレシーバーが出て来るのを待つ余裕がありました。特に後半は酷かった。ノーヘルプのStephon GilmoreとRonald Darbyは可哀想。

今のところ、Rex Ryanにディフェンスの才能は感じません。本当にディフェンスが得意な人って、システムに拘らないんですよね。現有戦力でベストのパフォーマンスが可能なシステムを用意してくるモノですが、あたまでっかちなのか、プライドが邪魔しているのか、去年の4-3に戻さない。そこに苛立ちを覚えるので、見ているのが辛いです。

怪我は山積み。Sammy Watkinsは足首の捻挫。Kyle Williamsも膝を痛めて3-4週アウトだとか。復帰したばかりのMarquise Goodwinも離脱。コンディショニングコーチの手腕も問われるような気が。ということで、流石にそろそろスタジアムを天然芝に変えるべきタイミングかと思いますね。チームが強くなるために、選手寿命を延ばすためにも必要でしょう。
[PR]
by bufbills | 2015-10-19 21:20 | Bills | Comments(1)
Commented by bufbills at 2015-10-21 23:49
Jim KellyとMarcell DareusがMarioと似たようなことを言い始めました(笑) Rex Ryanの3-4戦術に対する否定そのもの。

いくらなんでも、早過ぎますね。RexにHCとしての能力が欠けていることの証左かと。
<< Robert Woods=WR... ラグビーW杯2015 準々決勝 結果 >>