Troy Vincent=CB Buffalo Bills

2004年03月17日

PhiladelphiaのCB Troy VincentのBuffalo入りが決まりました。6年20ミリオン(サインボーナス3.6ミリオン)とのことなので、かなり良い契約だと思います。Atlanta Falcons入りのJason Websterが7ミリオン、Detroit Lions入りのFernando Bryantが7.25ミリオン、New Orleans Saints入りのFred Thomasが5ミリオン、New York JetsのDavid BarrettとMiamiのReggie Howardが4.5ミリオンとのことなので、これらの選手よりも安いというのはかなり評価できます。昨年のCBの大型契約がDetroitに決まったDre’ Blyくらいだったことを考えると、今年FAで契約したCBのサインボーナスはかなり高騰気味です。

Troy Vincentは元々は92年のMiamiのドラ2で、ここ10年間ずっとNFLトップクラスのCBでした。全盛期のAndre ReedもTroy Vincentが相手だと活躍することは稀でした。Philadelphiaのブリッツ中心ディフェンスの中で、必然的に多くなるマンツーマンのカヴァーでも強いところを見せ続けましたし、当然のことながらゾーンにも問題はありません。唯一の懸念材料は33歳という年齢です。ですが、Buffaloのチーム事情的には2~3年働いてくれればOKと考えているでしょうから、特に大きな問題にはならないように思います。OaklandのRod Woodsonのように、CBで衰えが見えたらFSにコンヴァート、というシナリオも考えられます。ただし、PhiladelphiaはTroy Vincentと再契約しようとしませんでした。怪我の影響もあったのでしょうが、2003年はこれまで以上にクッションが大きかった、という話もあるようです。しかし、残っているCBで実力派はPhiladelphiaでTroy Vincentと組んでいたフィジカルスタイルが信条のBobby Taylorや、堅実だがビッグプレイの少ないDallas CowboysのMario Edwardsくらいだったので、Indianapolis Coltsでディープを抜かれまくっていたDavid Macklinや大ヴェテランのTerrel Buckleyあたりに決まるよりは極めて現実的な選択だと思います。あとは結果を出すだけです。

Minnesota Vikingsに6年34.8ミリオン(サインボーナス10.8ミリオン)で移籍したAntoine Winfieldの後釜になります。Antoine Winfieldはとても良い選手ですが、Greatではありませんので年平均6ミリオン相当を払うことはできなかったと思います。Antoine Winfieldが去ったことは、そのプレイスタイルが好きだった私にとっては悲しいことですが、やむを得ないと思います。Antoine Winfieldの代わりとして、Troy Vincentが来るのなら上出来です。2年後の2005年終了後には反対側のスターターCB Nate ClementsがUFAになります。フロントはNate Clementsとの再契約を考えていると思いますし、そうなるとAntoine Winfieldと大き過ぎる契約は結べません。2004-2005をNate ClementsとTroy Vincentのコンビで乗り切って、2006年からは長期契約のNate Clementsとドラ1のコンビ、というような構想を考えているのではないでしょうか。

今年2004年は大物CBが大挙UFAになりましたが、OaklandのCharles Woodsonはフランチャイズ指名、Baltimore RavensのChris McAlisterもフランチャイズ指名、Ahmed PlummerはSan Francisco 49ersと再契約(サインボーナス11ミリオン)、WashingtonのChamp Bailey はClinton Portisとのトレード要員としてDenverに移籍(サインボーナス18ミリオン)、代わりにSeattleのShawn Springsが怪我の不安があるにも関わらずWashington入り(サインボーナス10ミリオン)、という流れになっています。意外にも、UFAとなって他チームと交渉して最も成功したのはAntoine Winfieldだったように思います。
[PR]
by bufbills | 2005-01-03 04:28 | Bills | Comments(1)
Commented by bufbills at 2005-03-15 13:28
当初はCBのスターターだったものの、いったん怪我をして長期離脱、その後Terrance McGeeの成長もあって、FSに復帰してスターターとして定着しました。Miami時代から名CBでしたが、シーズン序盤の動きを見ている限りクッションはやや大きく下がり目で、左右にカットを切られるとリアクションが悪くなっていたように思うので、FSへの転向は現実的だったと思います。FSとして2年目になる来年はさらに安定感が増すと思われるので、永らくINTに恵まれなかったBuffaloのSafety陣に、大量のINTをもたらしてくれることを期待しています(爆)
<< Mike McKenzie=C... A.J. Feeley=QB ... >>