Takeo Spikes

2003年にUFAで加入したWLB。6年契約の2年目。昨シーズンのUFA市場で最大の目玉商品だったとも言えますが、期待に違わぬ活躍を続けています。ランにもパスにも強く、プレイの読みも良いです。人に強いのが第一の特徴で、FBのブロックで拾われることが少なく、逆に弾き返します。Derrick Brooks級とまでは言いませんが、INTも奪えるので現在のカヴァー2はTakeo Spikesのためのスキームだと言っても過言ではありません。勝負所でのビッグプレイも多いので、今年もプロボウルに選ばれるでしょう。何にせよTakeo Spikesが元気に働いてくれる限り、BuffaloのD♯が大きく崩壊することはないと思います。

Posted by bufbills at 2004年12月03日 17:04
[PR]
by bufbills | 2005-01-03 04:07 | Bills | Comments(1)
Commented by bufbills at 2005-09-29 13:51
2005年はWEEK3のAtlanta戦でアキレス腱断裂、シーズンアウトでIR入りとなりました。

はううヘ(゚◇、゚)ノ~
<< Pat Williams=DT... London Fletcher >>