Jerry Gray

4年目のDC。前HCが2001年にTennesseeから一緒に連れてきて、Buffaloが初のDC職でした。1年目と2年目は46スタイルに固執し、SLBをスクリメージに上げ、さらにSSをスクリメージ近くまで持ってくる8メンボックスが基本でしたが、初年度Peyton Manningに木っ端微塵にされるなどパスD♯に課題を残し、さらに2年目もWLBにTennesseeから連れてきたLBが使い物にならず、DCとしての能力を疑われました。3年目の昨年、アシスタントHCとしてDick LeBeauを招聘し、ゾーンブリッツのスキームを獲得。Takeo Spikesを筆頭に、Sam AdamsやLawyer Milloyを加えてタレント的にも万全の状態で臨み、喪失ydsでNFL位になりましたが、実際にはカヴァー2を基本としていました。そして迎えた4年目の今季、Antoine Winfieldが抜けた代わりにTroy Vincentが入った以外には大きな異動はありませんでした。プレシーズンでのLawyer Milloyの怪我が大きく、Troy Vincentも途中から抜けたために前半は要所で粘りきれずに進まれて失点して負けるパターンが続いていましたが、どうやらまとまったようです。各選手が無理をせずに自分のゾーンでプレイするカヴァー2を完成させており、後半のアジャスト能力も高いと言われています。先日契約更新も勝ち得ており、DCとして意外な長期政権を率いることになりそうです。

Posted by bufbills at 2004年11月09日 22:13
[PR]
by bufbills | 2005-01-03 03:57 | Bills | Comments(0)
<< Lee Evans Jeff Posey >>