【転載】J・ジャクソン、SNLでライス氏に扮する

2004年04月15日

2004.04.13
Web posted at: 16:27 JST

- CNN/AP

ニューヨーク――米人気歌手ジャネット・ジャクソンさん(37)が11日、NBCの名物バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」にゲスト出演し、ライス大統領補佐官に扮して「胸ポロリ」を披露した。

ジャクソンさんは番組のオープニング・コントで、同時多発テロの調査委員会で証言する補佐官と、自らの胸露出騒ぎを、一度にネタにしてみせた。

コントでは、レギュラーのダレル・ハモンド扮するチェイニー副大統領がライス補佐官に、「おっぱいをチラッと出せば」視聴者は証言内容なんかどうでもよくなるぞとアドバイスする。

「チェイニー副大統領」はさらに、「(胸を出すのは)片方だけ、ほんの一瞬でいいんだ」とアドバイス。「そうすれば一石二鳥だ。まず、リベラル連中が味方につく。それと、マスコミの注目がそっちに集中する。君が胸を出せば、明日の一面トップは間違いない。このビンラディン問題など二の次になる」

これに対しジャクソンさん演じる「ライス補佐官」は「副大統領、私はお上品ぶるつもりはありませんが、公聴会はそんなふしだらな行為をすべき場所ではありません。そういうことは、有料チャンネルか、スポーツの全国中継とかでやればいいんです。そういう場でなら構わないでしょうが、私は国家安全保障担当補佐官ですよ」と反論。

「チェイニー副大統領」は渋々うなずきながら、「アシュクロフト(司法長官)に言われたんだ」と弁明する。

コントはここで公聴会の場面に切り替わる。「ライス補佐官」は委員の厳しい質問を浴びせられ、しどろもどろになるまで追いつめられた挙げ句、ブラウスのボタンを外して右胸をぽろり……と思いきや、モザイクがしっかりかかっていた――というオチがついた。

**********************

スーパーボウルのアレは、やっぱり「ヤラセ」だったのでしょうか?

http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200404130012.html
[PR]
by bufbills | 2005-01-03 02:54 | NFL | Comments(0)
<< Madden NFL 2004 QB解析のポイント >>