Cap Hit=いろいろなサラリー

さて、1人の選手の給料は、実際にはチームサラリーにどれだけカウントされるのでしょうか? 1人の選手の給料のうちチームサラリーに含まれる金額のこと、チームサラリーを浸食する金額のことを、通常「キャップヒットCap Hit」と呼んでいます。サラリーキャップにおいて難しいのは、結局、「その選手のキャップヒットはいくらか?」という問題で、このキャップヒットの計算方法が、多少複雑なトコロにあります。ということで、「契約下選手のキャップヒットの総額が、チームサラリーを越えてはならない」というのがサラリーキャップというルールの実体になります。

選手が受け取るサラリーにはいろいろなものがありますが、基本となるのはベースサラリーBase SalaryとサインボーナスSigning Bonusです。他に、インセンティヴボーナスIncentive Bonusがありますが、これはベースサラリーとサインボーナスの応用で理解することが可能です。インセンティヴボーナスの中には、パフォーマンスボーナスPerformance Bonus、ロスターボーナスRoster Bonus、レポーティングボーナスReporting Bonus、ワークアウトボーナスWorkout Bonusなどがあります。

ということで、サラリーにはイロイロあるのですが、結局は「保証されているか、否か」「既に支払ったか、否か」「支払うことになりそうか、否か」などが焦点になってきます。ココを巡っての攻防が、代理人とGMの駆け引きの実体となっています。

そして、肝腎のキャップヒットの計算方法ですが、基本的には

「ベースサラリー+サインボーナスを契約年数で等分割した額」

となります。
[PR]
by bufbills | 2005-05-27 03:04 | Salary Cap | Comments(0)
<< Vincent Jackson... Team Salary=給料総... >>